大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


成績を上げたいみなさんへ アドバイス

みなさん、こんにちは。今は2月、寒い季節でもあり、受験の季節でもありますね。高3生はまさに本番、高2生はいよいよ受験に向けて本格始動をする時期です。高1生の中には、高校受験の頃を思い出したり、密かに心の中で将来に向けて計画を練っている人もいることでしょう。いずれにしても、高校生の皆さんにとって勉強は大きな課題であり、成績を上げることは避けては通れない問題です。
では、どうすれば成績が上がるのでしょう?こればかりは、そんな単純な問題ではありません。しかし、次の経験則が知られています。格好をつけていきなり難しい問題を解くのではなく、易しい単純な問題から始めること。それがスタート地点です。そして、その問題を繰り返し練習することで意識せずとも解けるようになること。これが、第2段階です。簡単な問題だと侮って練習をしていないと、その時だけ分かったつもりになり、いざという時に応用が利かなくなります。特に高校の勉強は、なかなか自分の興味や、知っている知識と結びつかなく、つらく感じることがあります。なんのために勉強しているのか見失ったり、諦めたり、不平を言ったりしてしまいます。しかし、ここは我慢のしどころです。次の定期テストの目標を定めたり、もっと大きく、将来への展望を持ってみたりなどして、なんとしてでも乗り越え、成長してください。すると自動的に答えが頭に浮かんだり、意識せずとも問題が解けるようになる時が来ます。その希望を忘れないようにしてください。
でも、どうしてもうまく進まない、袋小路に陥っている気がする、停滞しているなど気持ちが上向きに向かないこともあります。そんな時はどうすればいいでしょう。どうしようもないのでしょうか?ところが実はそういう時こそが、大きなチャンスの時なのです。自分のやり方に非効率なところがないか、何か遠回りなことをしていないか、と振り返る時です。そして、先生や信頼できる人に相談する時でもあります。いろいろなことを聞いて、多くのことに気づいてください。そのときに気づいたことは、大きな糧になります。
困難なときこそチャンスがあり、飛躍するときだということを忘れないで下さい。そうして、停滞している時を乗り越えたら、成功するまで頑張ることが大事です。必ずうまいこと行くと信じて進むことで、強い芯のある歩み方が出来ます。そして、そこでの成功が他の分野への応用へと広がり、全体としての向上を導きます。希望をもち、くじけず、信じて進んでいってください。

数学科 村上 豊


コメントは受け付けていません。