大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


最後の追い込み

いよいよ、受験シーズン本番ですね。公募制推薦入試「合格」のうれしい知らせもぞくぞく届いています。高3生以外の読者の方々も多いと思いますので、簡単に説明しますと、公募制推薦入試は基本的に、大学の出願条件を満たし、出身高校の推薦が受けられれば誰でも出願でき、ほとんど併願に制限のない入試制度です。推薦入試と聞くと、「大変そうだな」と思われるかもしれません。しかし現在では、多くの受験生がこの制度を利用しています。自分の行きたい大学がこの制度を採用しているのなら、受験教科数が一般入試より少ない、一般入試よりも先に合格大学を確保できる、などのメリットがあるので、受験機会を増やす意味も含め、有効に活用すべき制度です。ただし、ある一定の平均評定値(通知表の平均点)を満たすことが条件として課されますので、定期テストに向けた日頃の勉強をおろそかにしてはいけません。
さて、センター試験まで、あと2か月をきりました。国公立大現役合格を目指す高3生にとっては、まさに踏ん張りどころです。特に、二次試験とセンター試験、それぞれに向けた対策のバランスを十分に考慮することが肝要です。生徒諸君が1点でも多く得点できるよう、私たちも最後の最後まで全力で指導してまいります。
センター試験が終わると、関西地方では2月1日より、関関同立の入試が毎日のように実施されます。めまぐるしいスケジュールの中、与えらた時間は、本当に貴重なんだという自覚をもって、全力を出し切る毎日を過ごしてください。最高の結果を期待しています。

開成ハイスクール英語科 濱田健太郎


コメントは受け付けていません。