大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


新学年への挑戦

今回は、新高3生のある生徒の一年間の努力についてお話ししたいと思います。

ちょうど一年前、彼は数学が得意ではありませんでした。数学を勉強することが苦しいとさえ感じていたでしょう。しかし、とても頑張り屋でした。学校から出された課題である応用問題を質問し、一つ一つを理解していく努力を続けました。基礎内容から再度学習しなければならない単元もたくさんありましたが、途中で投げ出すこともなく、弱点である単元の復習と演習を繰り返しました。
そうして努力し始めて半年が経った頃、彼は「数学は楽しい、好きだ」と話してくれました。高2数学の内容は決して簡単なものではありません。数学的な内容を理解するまでの苦しみも変わってはいないはずです。それでも一つ一つの問題と真っ直ぐに向き合い、理解する「喜び」を感じてくれたのでしょう。継続してきた小さな努力がようやく形になり始めた瞬間でした。
そして、1月に行われた実力判定テスト。彼にとって、これまでにない最高の成績となりました。一年間の積み重ねがようやく最高の結果となったのです。「よく頑張ったね」の一言に最高の笑顔で応えてくれ、私も本当に嬉しかったです。この努力は、彼の人生の中で自慢の一つになるでしょうし、これから受験生として戦っていく大きな支えとなるに違いありません。

さあ、新年度のスタートです。この一年間をより良いものとするために、また新たな気持ちで挑んでいきましょう!時には成長していないと感じることもあるかもしれません。しかし、努力の積み重ねは、いずれ結果として現れます。その時を信じ、みなさんの目の前にある課題を一つ一つ乗り越えていきましょう!
今を頑張る高校生の皆さんが、彼のように頑張っていけるよう願っています。

開成ハイスクール数学科 光畑雄策


コメントは受け付けていません。