大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


定期テストの重要性

そろそろ今年度最初の定期テストがやってくる頃です。とくに1年生にとっては高校に入学して最初のテストということになります。定期テストで高得点を目指すのは当然ですが、その際、ありきたりのことですが、やはり注意してほしいことがあります。それは、テストのためだけの勉強をしないことです。
どうしても目の前のテストが気になりますね。科目数も多く、試験範囲も広くなります。ということで、きちんと理解せずにテストの問題だけ解けるようにすることになりがちです。つまり、なぜそのように解くのかを考えずに、ただ単に解法を丸暗記したり (そうしないといけないものもありますが)、問題集からそのまま出るからといって答えだけを覚えてしまうこともあるかもしれません。しかし、定期テストの勉強は、それまでに学んだことをきちんと復習する最大のチャンスであり、それだけ時間をかけて復習する意義は十分にあります。結局、ここでやっておかないと、例えば数学のように過去に勉強したことにさらに積み上げていく場合、また一からやり直しといった事態を引き起こしかねません。
大学入試というのは、試験範囲が教科書の最初から最後まで及ぶ定期テストみたいなものなので、3年生になって、受験勉強が本格化する際に、やはり1、2年の内容のすべてをやり直さなければならないことになります。これはかなりの負担となります。というわけで、すべての科目でやるのは難しいかも知れませんが、少なくとも受験を想定している科目については、先を見越した勉強をしてください。
具体的にどうしていいかわからない人は、開成ハイスクールのスタッフに相談するといいでしょう。どうしても目先のことにとらわれがちですが、この差はいずれ大きくなっていきます。今だけの勉強ではなく、1年先、2年先を見越した取り組みをしてください。

開成ハイスクール 片岡尚樹

 

 


コメントは受け付けていません。