大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


新しい生活が始まって…

4月からスタートした新学年での高校生活も早2ヶ月が過ぎようとしています。高校入学から大学受験(センター試験)までおよそ1000日。来るべきその日に向け、各学年の皆さんに、この時期の注意点について助言させていただきます。

高校1年生の皆さんのなかで、初めての定期考査を経験した人も多いでしょう。その結果は、すべて高校入学から今日までの努力の成果です。今回、納得のいく結果が得られなかった人は、自身の取り組み方を反省して次回に挽回すべく、是非とも質のよい勉強環境を構築しましょう。そして、特にスポーツ系のクラブ活動は気温の上昇と共に体力的に厳しくなります。体調管理にはくれぐれも留意して下さい。

高校2年生は、夏休み(夏期講習)から、いよいよ受験へ向けて本格始動することになります。そこで、できれば夏までに、志望大学を定めておく必要があります。ぜひ、自身の進路に関して、より一層真剣に考えてください。目標設定が早ければ早いほど、受験への明確な目標が立てやすくなるのは必然です。

高校3年生の多くは、5月に全国模試を受験されたはずです。全教科型模試の難しさを痛感したかもしれません。成績データが届いた際に、志望校判定に一喜一憂せず、自分の不得意科目、苦手な単元、理解出来ていない問題を「直視」することが何より肝心です。模試が「解けない問題を明らかにしてくれた」ことに感謝して、その克服に努めれば、この先の苦しい受験勉強も着実に前進できることでしょう。

皆さん一人一人が現状の自分に満足することなく、日々向上していけるよう願っています。

開成ハイスクール数学科 中澤宏尚

 

 


コメントは受け付けていません。