大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2016 年 8 月 15 日 のアーカイブ

英単語暗記について

2016 年 8 月 15 日 月曜日

ドイツの心理学者・エビングハウスが「忘却曲線」というものを提唱しているように、記憶というのは忘れられて当然のものだ。エビングハウスによると、人は記憶した情報を「20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%忘れる」という。忘れて当然、ということは、繰り返し復習する必要がある、ということだ。

英単語の覚え方の話になると、「黙読で覚えるのか」「声に出すのか」「書きながら覚えるのか」という議論になりがちだが、これは人によるものだ。単語帳をジッと見つめて覚える高校生もいるし、ブツブツ呟きながら覚える生徒もいる。私はと言うと、なかなか覚えられない単語を、紙に書き出して覚えたりしていたものだ。だから、「見る」「声に出す」「書く」というスタイルについては、人それぞれ、自分に合ったものを選べばいい。ただ、暗記のスタイルがどうであれ、肝心なのはインプットとアウトプットを組み合わせるということだ。例えば、

 

ステップ1(インプット)

英単語を見る 日本語の意味を頭の中で繰り返す

ステップ2(アウトプット)
日本語を隠して、もう一度その英単語を見る 日本語の意味を言ってみる

 

1時間でインプットできる単語数の目安を掴むことも必要だ。最初は30個でもいいし、50個~100個の間なら上出来だろう。ポイントは、確実に覚えられる個数を目安とすること。継続できなければ意味がない。「これくらいなら毎日(定期的に)続けられそうだな」という自分なりのペースを知っておこう。

英単語の勉強は、これだけでは終了しない。最後に必ず「確認テスト」をしよう。1時間に50個が自分のペースだとすれば、50個をひと通り学習した直後に、その50個を本当に覚えているかどうかテストをする。このとき、暗記できていなかった単語をピックアップしておこう。そして、翌日にもしっかりと復習する。これは、前日に覚えた単語の意味を確認するだけなので、さほど時間はかからないはずだ。さらに、数週間~1か月後くらいにも、同じ範囲を復習する。こうして、英単語の定着は、より堅固なものとなっていく。

「英単語をなかなか覚えられない」と言っている人の多くは、そもそも暗記に十分な時間を費やしていなかったり、反復を怠っていたりする。暗記作業は時間と労力のかかることなのだから、まずは効率の良さを求めずに、成果を実感できるまで、とにかく根気よく続けてみよう。

開成ハイスクール英語科 松本泰雄