高・中・小(全学年)対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

塾・個別指導塾・進学塾ならフリーステップ深井駅前教室

  • 教室トップ
  • 教室からのご案内
  • お知らせ一覧
  • 講師紹介
  • 教室ブログ
  • アクセスマップ

志望校合格ならフリーステップにお任せください!!

松本康史 深井駅前教室は、豊富な指導実績・社会経験を有する学習プランナー(教室チーフ)と選抜された講師が連携して、勉強・受験に関するご要望の実現やお悩みの解決に全力で取り組んでいます。
中学生は、公立・私立中学の生徒が通っており、それぞれに対応した定期テスト対策や高校受験指導に実績があります。長年積み重ねてきた独自の学習システムや志望校に応じた指導によって“定期テストの成績アップと志望校合格”へ導いております。
高校生は、地域でも大学受験・指定校推薦対策に定評があります。関関同立をはじめとした有名大学の合格実績は関西有数です。オーダーメイドのカリキュラムと高いカウンセリング力・指導力・情報力で志望大学合格に導いております。
小学生は、中学受験対策や、『英検』『漢検』『算検』『読解・作文力検定』などの検定の試験対策にも取り組んでいます。
まずは、この機会に体験授業(無料)や個別学習相談をお試し下さい。

松本康史

教室からのご案内

教室へのお問い合わせはこちら!

072-278-7776

(受付時間:16:00~20:00)

  • 教室見学(無料)も受付中!体験授業はこちら!
  • 受講料や指導内容をお届け!資料請求はこちら!

その他のお問い合わせはこちら

教室詳細情報

基本情報

所在地 〒599-8273 大阪府堺市中区深井清水町3987番地 東野ビル2階
電話番号 072-278-7776
受付時間 16:00~20:00
施設 自習スペース

アクセスマップ

拡大図はこちら

外観

この建物が目印!

開講サービス 個別指導学院フリーステップ(小学生、中学生、高校生、高卒生)、代ゼミサテライン予備校(高1~高卒)
在籍生徒 小学校・・・東深井小学校、深井小学校、久世小学校、東百舌鳥小学校、土師小学校、宮園小学校、
     八田荘西小学校、その他私立小学校

中学校・・・深井中学校、平井中学校、深井中央中学校、東百舌鳥中学校、八田荘中学校、その他私立中学

高校・・・泉北高校、堺東高校、鳳高校、泉陽高校、大阪商大堺高校、東百舌鳥高校、浪速高校、
     初芝立命館高校、東大谷高校、帝塚山泉ヶ丘高校、桃山学院高校
アクセス方法 泉北高速鉄道 深井駅より西側すぐ

ページの先頭へ

お知らせ・イベント

もっと見る

2022年 夏期講習

2022年 夏期講習

総合型選抜「小論文オンライン」コース

総合型選抜「小論文オンライン」コース

【最短30日で完成!】共通テスト英語リスニング対策講座【代ゼミサテラインコース】

【最短30日で完成!】共通テスト英語リスニング対策講座【代ゼミサテラインコース】

講師紹介講師をクリックするとメッセージが表示されます

もっと見る

<主な担当科目>【小】【中】国語/数学/英語/理科/社会【高】英語/数学ⅠA/数学ⅡB/現代文/古典 
<得意分野>経済史/ドイツ観念論

<生徒へ一言>
はじめまして。フリーステップ深井駅前教室講師の江川と申します。中学・高校の文系科目を担当しています。英語や社会などの文系科目は暗記科目と思われがちですが、しっかり周辺知識を補完しつつ、論理立てて体系的に理解することが必要な科目がほとんどです。ですので「たかが暗記科目」と侮らず、確実に理解ができるような授業を心掛けています。
<大学> 大阪府立大学 現代システム科学域
<出身高校>開智高校

<主な担当科目>【小】国語/英語  【中】国語/英語   【高】
<得意分野>小説の読解

<生徒へ一言>
授業では主に文系科目を担当しています。生徒とのコミュニケーションを忘れず、楽しく学べる授業を心がけています。基本にも応用にも対応できる力を養っていくために、生徒の苦手にしっかり向き合っていきます。点数UPや志望校合格を達成したその先には、新しい知識を手に入れた嬉しさや、目標を成し遂げた達成感など、自分にとってプラスになることがたくさん待っています!そのようなことを一つでも多く実感してもらえるよう、一緒に頑張っていきます!

<大学> 帝塚山学院大学 人間科学部心理学科
<出身高校> 上田染谷丘高校

<主な担当科目>【小】算数/理科/英語 【中】英語/数学/理科  【高】英語/数学ⅠA/数学ⅡB/数学Ⅲ/物理
<得意分野>力学、熱、波動、原子

<生徒へ一言>
理系科目は、一見すると解き方が難しいと感じる物が多いかも知れませんが、実際には多くの問題は問題集にある問題の類題であって、その類題は、教科書にある例題などの類題です。よって、段階的に学習していけば一定の領域までは到達できます。数学や物理が苦手という人も是非僕と一緒に少しずつレベルアップして、問題を解く楽しさというのを感じながら成長していきましょう。また、英語は、言語なので知識の量に得点が比例すると思っているので、量に気圧されず頑張りましょう。

<大学> 大阪府立大学 工学部情報
<出身高校>修道高校

<主な担当科目>【小】  【中】数学/理科/英語   【高】英語/数学ⅠA/数学ⅡB/数学Ⅲ/物理/化学 
<得意分野>二次関数/積分

<生徒へ一言>
こんにちは。講師の中井です。勉強というものは大半の人にとっては苦手で、やりたくないものだと思います。しかし、勉強を乗り越えて得られる達成感や自負は大きく、成長するうえで大切なことだと思っています。この経験を得られるよう授業では、いかにして効率よく勉強し点数アップ、そして受験合格できるかを教えていきたいと思っています。楽しいと思える授業を目指していくので、生徒のみんなも一緒に頑張っていきましょう!

<大学> 大阪府立大学 生命環境科学部
<出身高校> 近畿大学付属和歌山高校

<主な担当科目>【小】  【中】数学  【高】数学ⅠA 
<得意分野>三角比、確率

<生徒へ一言>
私は主に数学を担当しています。数学は分かると楽しいということを生徒の皆さんに知ってもらいたいと思っています。
なので、生徒の皆さんが分かるまで精一杯学習のサポートを行い、生徒の皆さん一人ひとりにあった指導をしていきます。
一方的に教えるのではなく、生徒の皆さんと対話をし、気付きを大切にした授業を心がけています。みなさんの目標に少しでも導けられるように精一杯努めさせていただきます。目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!

<大学> 大和大学
<出身高校> 咲くやこの花高校

<主な担当科目>【小】  【中】【高】 英・国 
<得意分野> 世界史

<生徒へ一言>
はじめまして、講師の巽己羽玖です。皆さんと一緒に志望校合格や定期テスト得点力アップを目指していけるように精一杯頑張ります。やらされる勉強より生徒たち自らが楽しいと積極的に勉強を行えるように指導法を試行錯誤しながら頑張っていきますのでよろしくお願いします。

<大学> 関西大学 文学部 総合人文学科
<出身高校> 賢明学院高校

ページの先頭へ

指導実績

フリーステップは点数アップに強い!

ページの先頭へ

教室ブログ

もっと見る

2022.07.07

夏期講習前に思うこと

夏期講習前に思うこと

  この夏にキミは自分の将来の可能性を縮めずに、広げることができるか

私たち塾の仕事というのは、生徒たちそれぞれが持っている将来への可能性をしっかりと広げてあげることだ。

確かに、ひとり一人の性格や能力差はある。
しかし、本人の可能性を広げるか狭めるかは、その子自身の行動によるのがほとんどである。

例えば、キミが、現在高校1年生だとしよう。
そして、1学期に、内容が難しくなった高校の勉強につまずいていたとしよう。
例えば、1学期の間に習った英語や数学が難しく、わからない部分がいくつかあり、定期テストでも点数が悪かったとしよう。

その現実の前で、夏休みの時期に、キミが起こす行動は二つのパターンに分かれるだろう。

ひとつは、夏の間に分からなかったところをしっかり復習して、できれば2学期には勉強でつまずかないように、先取り内容も少し勉強して、万全の態勢で2学期を迎えるという行動。
もう一つは、1学期の間に学んだことを分かるようにしっかりと復習することもなく、夏の間、アルバイトをしたり遊んだりをして過ごしてしまうという行動だ。

さて、2学期を迎えたときに、キミはどうなっているだろうか。
夏の間、しっかりと勉強したキミは数学も英語もしっかり分かるようになっているので、キミが高校に入学した時と同様、キミの可能性はその後も同じように目の前にあると思う。
しかし、夏の間に勉強しなかったキミの可能性はずいぶんと小さくなってしまっている。
高校1年生の1学期の内容も十分に理解できていなければ、例えば、その後に続く数学の内容が分かるはずもないからだ。

そうなると、キミは目の前にあったはずの可能性、例えば国立大学に進学するとか、理科系の大学に進もうかという可能性は、その時点でほとんどなくなってしまう。
つまり、キミの前にあった可能性は、間違いなく小さくなってしまったのである。将来の可能性の幅がぐっと狭まったということだ。

高校の3年間というのは、そういうことの繰り返しだ。
むしろ、可能性の幅が大きく動くのは、高校1年生や2年生と言った、高校生活の初期の段階に多い。
高校1年生のときの勉強がとても大切というのは、そういうわけなのだ。
自分の可能性を広げるか狭めるかということは、決して周りの環境がメインの理由ではない。それを決めるのはキミ自身の行動なのだ。

自分の可能性を広げるか狭めるかということは、いつも自分自身の行動と意思が決定的な役割を果たしているということを知っておいてほしい。
(KM)
 

続きを読む

ページの先頭へ