小学生・中学生・高校生対象の学力アップ・中学受験・高校受験・大学受験志望校合格を目指す個別指導の学習塾

「自分がどうありたいのか」を考えるのは大切だ

摂津富田教室 学習プランナー

阪中槙一先生

【休日の過ごし方】
・子供と公園で遊ぶ・家族で買い物・ドライブ
【好きなこと】
・アウトドア(BBQとか)・京都の寺社を散歩する
・読書(小説が多いですね。)
・スノーボード(好きだったんですが。。。久しく行けてないですね。。。)
【座右の銘】
小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道
(野球選手のイチローさんの言葉)

勉強を頑張って習得することで、なれるもの、できるようになるものはたくさんあります

私が塾に通いだしたのは、中学1年の時でした。個人で経営されている小さな塾で、友達が誘ってくれたのが、きっかけだったと思います。
最初はなんだか楽しそうという、軽い気持ちで入塾しましたが、入ってみれば、これがなかなかのスパルタな塾でした。宿題の量がとにかく大量で、やってこなかったら更に倍にして出されるという…部活にも所属していたので、毎日ひぃひぃ言いながら、なんとか宿題をこなして通塾していたように思います。
そのおかげか、中3になる頃には、地域の公立高校ならどこでもいけるといわれる位の成績はとれていました。このように書くととても凄い様に思われるかもしれませんが、私の住んでいた地域はとても田舎で、当時受験できる公立高校はたったの3校だけでした。どこも飛びぬけて難しい学校ではありません。
志望校が、余裕で合格できると知った私は、受験生にもかかわらず、あからさまに勉強の手を抜き始めました。勉強しなくても合格できるのに、必死に勉強を頑張る気にならなかったのです。

そんな様子を見かねてか、塾の先生に呼び出されたことがありました。
やる気がなくなってきた理由を正直にいうと、先生は
「こんな3つしか高校の選択肢がない地域の受験に合格するだけで満足か?」そして
「高校に入った後、卒業した後どんな風になりたいとおもっているの?」と尋ねられました。
考えましたが、答えられませんでした。あまりそれまで将来について考えたことがなかったんですね。
「考えたことがなければ、一度考えてみればいい。1つだけじゃなくていい。2つ3つ4ついくつでも考えられるだけ考えて。職業だけじゃなくて、留学とかしたい事でもいい。そうしたらそれができるようになる為にはどうすればいいかを考えて。その為に勉強すればいい。」その場では、言われた意味が理解できていませんでしたが、言われるままにとりあえず興味がもてそうな事を考えてみることにしました。
建築家・小説家・弁護士・学校の先生・警察官・市役所の職員さん…並べられるだけ並べてみると、とりあえず大学にはいかないとなれないものが多いという事が分かりました。そうしたら大学に行くなら、どこに行こうかと考えるようになりなりました。具体的に考えていく中で、確かにやりたいことの為に勉強するなら頑張れるような気がしてきました。

なんとなく、先生にのせられてしまったようなところはありますが、実際そこからはやる気を取り戻し、地獄のような宿題量をなんとかこなし、受験も上位成績で合格が出来ました。
たった5分程度の会話でしたが、中3の時に腐らずに、勉強を納得できるまでやり切れたのは、間違いなくこの時の先生との会話があったからだと思います。
(この時、考えたものの1つに「学校の先生」というのがあって、そこから派生して今の職業につながったようにも、なんとなく思います)
長々と昔の話を書きましたが、この話から皆さんにお伝えしたいのは、「自分がどうありたいのか」を考えるのは大切だという事です。
これを読んでいただいている生徒の方の中にも、私の様に勉強することに疑問をもってしまっている方もいるのではないでしょうか?
確かに、しんどいし、やらなくていいものであれば極力やりたくないですよね。
しかし実際は勉強を頑張って習得することで、なれるもの、できるようになるものはたくさんあります。反対に勉強をしないという事を選択してなれるもの、できるようになるものは1つもありません。
この話の様になりたいもの、やってみたいこと、まずはどんどん出していってください。将来変わってもいいです。ちょっとだけ興味をもてるものです。
・次のテストで何点取りたいか?
・どんな大学に進学したいか?
・どこに住んで、どんな暮らしをしたいか?
・収入はどれぐらい欲しいか?
・どんな大人になっていたいか?
・子供ができたら、子供からどんな風に思われたいか?
思いつきましたか?
それを実現するためには何をすればいいか、考えましょう。その夢の実現の為に勉強を頑張ってほしいと思います。何をすればいいかわからない時は私たち学習プランナーを頼ってください。
私たちは成績アップや志望校に合格してもらうために、日々全力で指導していますが、その成績アップや志望校の合格は何のために目指すのかといえば、根本にあるのは、生徒の皆さんひとりひとりの夢の実現だと私は思っています。
行き詰ったり、勉強が嫌だなと思ったりした時、少しだけこの話を思い出してほしいです。

※本文中の赴任教室名・部署名は原稿当時のものです。現在とは異なる場合があります。

ページの先頭へ