大阪私立高等学校 2020年度入学者数 伸び率ランキング(その2)

2020年6月16日 火曜日

10位 近畿大学泉州=近畿大学系列になって11年。今年も卒業生の43%が近畿大学に進学していますが、単に進学できますよというわけではなく、高2から近大進学対策合宿や対策授業を行って、そのための資格が得られるようにサポートしているというところが違います。もちろんそれ以外の大学への進学に向けたサポートも行われており、国公立に7名、関関同立に22名合格などの実績も出ています。昨年に比べると入学者数が減っているわけですが、過去5年で比べると、地域の評価は上がっているのだなと判断した次第です。

9位 大阪=こちらも男子校から共学化されて12年。地下鉄今里筋線の延長で市内からのアクセス向上もあり、共学化された年から多くの受験生が集まりましたが、2017年度からはさらに学校改革が行われ、教員も「生活支援センター」「学習支援センター」「進路支援センター」といった組織で生徒を支援するという面倒見の良さが支持され、公立高校2つ分くらいの入学者を毎年集めています。

8位 大阪商業大学=お隣に大学が併設されており、そのまま進学できるという安心感のある近鉄八戸ノ里駅近くのマンモス校ですが、大学と反対側にある自動車学校とも提携しており、在学中に普通免許がとれるのも魅力です。加えて、簿記や情報処理の検定受験のサポートや中学校の学習内容の学びなおしもできるなど、お得感満載の学校です。因みに35名募集のデザイン美術コース生の教室は大きな作品の作成が可能なように天井も高く、自然光の差し込む広々とした部屋が複数用意されています。

7位 あべの翔学=こちらはこの表になる前の年、2014年度に女子校から共学化され、当初は入学者数にも大きな波がありましたが、ここ3年は300人台と安定してきました。全国第3位の軟式野球部や関西大会金賞受賞の吹奏楽部の活躍も含めて部活動の実績も高い一方、普通進学コースでは看護や幼児教育といった方面に応じた進路をサポートする専攻制も取り入れて人気を集めています。

6位 金光藤蔭=「特別進学コース」も進学実績を出していますが、この学校の特徴は「エンカレッジコース」という中学校時代に不登校気味だった生徒をサポートするコースがあることです。教室に入りにくくても、「COCOROカフェ」と呼ばれるコタツのある部屋でサポーターである奈良女子大の大学院生が対応してくれるという手厚さは他校には見られない取り組みです。もちろん「ITライセンスコース」や「アートアニメーションコース」などキャリア直結のコースも魅力ですね。(続く)

大阪私立高等学校 2020年度入学者数 伸び率ランキング(その1)

2020年6月15日 月曜日

それでは中学校に引き続き、高等学校の今年の入学者数の状況をランキングにしてみました。高校の場合は学校の魅力に加えて、併願公立高校の競争倍率によって入学者数が変動するので、このランキングが人気と必ずしも一致しませんが、その学校の合格通知を手にした段階で強気の出願をしたということは、その学校の魅力を表していると考え、あえて順番を付けてみました。これも中学校と同じように、2015年度~2019年度までの5年間の平均と今年度の入学者数の比較です。そして、その「比」=(2020年度)÷(2019年度までの5年間平均)、という数値でランキングを作り、その値が110%を超える15校を挙げてみました。(正確には大阪星光も110.03%なのですが、高校募集は非常に数が少ないので除外しています)

15位 大阪産業大学附属=以前このエントリーでも紹介したマンモス校です。放課後には人工芝のグラウンドでアメフトやラグビーといったスポーツ系の部活が元気に練習、人工芝が耐用年数の半分で擦り切れるとのこと。一方その周りの校舎では大学進学に向けて熱の入った補習が行われています。海外研修や図書館などの施設も充実。大学が併設されている点も安心材料。というわけでこの勢いはまだまだ続くと思われます。運動部の生徒さんの元気のよい挨拶が今日も響いていることでしょう。

14位 関西大倉=中学入試でもランクインしていましたので、そちらもご覧ください。高校からの入学者が多い進学校ですが、女子を募集し始めてから20年。今では女子が所属している部活も増え、特に文化部は女子の活躍が目立ちます。もちろん全国準優勝のアメリカンフットボールや陸上競技などのスポーツ系の部活も元気です。

13位 追手門学院大手前=プログラミングロボットの世界大会でも有名になったこちらの学校ですが、茨木の追手門学院中高の移転・大学の新キャンパスなど法人としての話題性の高さに加えて、5年前から募集を始めた「スーパー選抜」生から、医学部医学科へ6名合格するなど、進学校としての実績も評価された形です。ICT教育も進んでいますので、注目校の一つです。

12位 清明学院=こちらも関西大倉と同じく2000年度に女子校から共学化した学校です。運動場は全天候型人工芝でナイター設備もありますが、夕方にはその横の校舎で先生方が熱心に補習している光景が印象的でした。360名募集の学校ですが、過去6年で5か年定員超過。派手な印象はありませんが、地元の手堅い支持を集めています。訪問した時、生徒さんのきちんとした挨拶が印象的な学校です。

11位 早稲田摂陵=男子校から共学校になって10年。早稲田大学への推薦枠があるばかりではなく、大学との連携による国際理解や地域連携などの独自のプログラムも充実していますが、早稲田系列になる前からの、国公立をはじめ早稲田以外の大学に向けた進学校としての伝統が評価されている形です。阪急百貨店の企業内教育機関をルーツに持つ女子限定の吹奏楽コースもありますが、入試に実技もあり受験生は限られ、実際にはそれ以外の普通コースの併願受験者が大半となっています。(続く)

【コロナに】ノートルダム女学院中学高等学校(Webで)オープンスクール【負けるな】

2020年5月27日 水曜日

今春の卒業生は97名という規模の学校ですが、現役で京都大学2名を含む国公立へ6名、関関同立21名、上智3名などかなりの高確率で難関大学への合格実績を出している京都のノートルダム女学院中学校高等学校では、このコロナウイルス感染症の影響で各校が休校を余儀なくされている中で、4月15日から実技教科も含めてオンラインでの授業が提供されています。したがって勉強面での遅れは心配ないわけですが、実際に集まることは難しいため、部活は難しい状態です。そこで、毎年恒例の定期演奏会も、無期延期状態のオーケストラクラブの生徒さんのために顧問の先生が作曲ソフトで、ZARDの「負けないで」をオーケストラバージョンに編曲して、楽譜と音源を部員に配信、そして出来上がったのがこの動画です。

というわけで、部員さんたちが「コロナに負けるな」というメッセージと共にお伝えくださいました。元気が出ますね。

緊急事態宣言が解除されたといっても、生徒さんや受験生の安全と健康を第一に考えたこのノートルダム女学院ではオープンスクールをWebで開催します。参加希望者は学校のホームページよりお申し込みください。何千人申し込んでも感染リスクはゼロです。交通費もかかりませんから、小中学生女子は是非ご参加ください。

【うちで踊ろう】大阪国際大和田中学校・高等学校 「ボトルフルートチャレンジ」【おうちで説明会も】

2020年5月20日 水曜日

以前このエントリーで学校の移転計画について紹介した「大阪国際大和田中学校・高等学校」に関するお話です。こちらの吹奏楽部は昨年の「開成進学フェア」のミュージックフェアにも出場してくれた礼儀正しくて元気な皆さんなのですが、春の定期演奏会も開催できず、吹奏楽部コンクールの中止も発表され・・・と今までの努力が形に残らないという大変かわいそうな状態になっていました。実はこの吹奏楽部、各自の担当楽器を練習するだけではなく、水を入れて音程を調整した空き瓶を、一人1本か2本ずつ持ってその音のタイミングになったら横から吹いて音を出す、という、空き瓶を使ったハンドベルのような練習もしており、その成果はミュージックフェアでも披露していただきました。今回のStay Home状態で脚光を浴びたのはこの技術。おうちにいても、ビンはあるぞ、そんなに大きな音は出ないので近所迷惑でもないぞ、というわけで、星野源の「うちで踊ろう」に合わせて演奏してみて、編集したらみんなで演奏したように見えるのではないか。と企画したここまでは良いのですが、集まった動画を見ると、それぞれ互いに人の音が入っていない状態で演奏しているわけですからタイミングは悪い、音程もあっていないなど、想像以上の困難が・・・。そこを何度も修正してできた動画がこちら。

というわけで、なかなかのクオリティーです。皆さん楽しそうですね。先生も楽しんでます。というわけで、できるだけ引き続きおうちに居ましょう。

因みにこちらの学校でもオンライン説明会が実施されます。 お申し込みは学校のHPをご覧ください。おうちでどうぞ。

浪速高等学校・中学校 オンライン個別相談会

2020年5月19日 火曜日

部活の戦績も、大学合格実績もうなぎのぼりと人気上昇中の浪速高等学校・浪速中学校ですが、まだまだ外出がはばかられる状況の5月中には オンライン個別相談会を実施するそうです。実はここ数か月間、直接人が集まることが難しい今の状況が続いていることで、ご家庭のインターネット環境やオンラインに関するスキルが向上し、そればかりか映り込み用に背景の壁の装飾や観葉植物のセッティングにこだわるなど、独特な文化が発達してきています。そんな今、 オンライン個別相談会はもはや生徒・保護者にとって大歓迎な企画といえるでしょう。

こちらの学校ではZoom中継での相談会を企画しているようです。予約制となっておりますので、学校のHPからお申し込みください。人気の秘密を学校の先生方から直接聞いてみましょう。

【悲報】全日本吹奏楽コンクール・全日本マーチングコンテスト中止【吹奏楽も】

2020年5月18日 月曜日

先日、このエントリーで「全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)の中止をお知らせしましたが、先日、日本吹奏楽連盟より、吹奏楽の「甲子園」全日本吹奏楽コンクールと、マーチングの「甲子園」全日本マーチングコンテストの中止が発表されました。緊急事態宣言もそろそろ解除なので、なんとかなるか?と期待していたのですが、残念ながら今年の全国大会は無くなりました。地域ごとのコンクールは地域ごとの判断となるそうですが、例えば大阪の中高生は3か月間楽器を吹いていないわけですから、ここでコンクールやります、といわれてもなかなか実力を出し切るのは難しいかも知れません。全国大会だけでなく、地区大会も無くなれば、特にコンクールで引退すると決めていた卒業学年向けに、気持ちの区切りになるイベントを企画していただきたいものです・・・(涙)。

【先生方も】常翔学園中学校・高等学校 ホームページ【楽しそう】

2020年5月15日 金曜日

昨日の記事を書いたついでに常翔学園中学校・高等学校のホームページを見てみました。トップページがいきなり先生方総出演の動画です。世間では外出自粛、不要不急の外出は避けましょう、学校も登校日が始まりましたが、数グループに分けて2時間以内とか、子どもにとっても何かとストレスのかかる日々が続いていますが、この常翔学園のトップページはそのような雰囲気を吹き飛ばす勢いがあります。

因みにバックで流れている歌も手拍子も、挿入されているイラストも先生方の手作りで、なんと作成に30時間を要したそうです。先生方が楽しそうに手を振ったり、ポーズを決めるなどのジェスチャーをする様子が次から次へと、それでいて、決してふざけているのではなくて品性が保たれているところが常翔学園らしいところです。このページが無くならないうちに一度クリックして、元気をいただきましょう。

( ↓ リンク先はこちら)

https://www.highs.josho.ac.jp/

【¥総額¥】常翔学園グループ「新型コロナウイルス禍にかかる学修支援」【¥10億円以上¥】

2020年5月14日 木曜日

関西では学校法人立命館が全学生、児童・生徒に3万円支給というニュースを5月1日に紹介しましたが、学校法人常翔学園はさらにその上を行く支援を打ち出しました。 学校法人常翔学園といえば、「常翔学園中学校 高等学校」と「常翔啓光中学校 高等学校」の2つの中高と、「摂南大学」、「大阪工業大学」、「広島国際大学」という3つの大学を有していますが、中高では生徒・学生一人当たり3万円、大学では5万円という学習支援金を支給するとのことです。それぞれの学校ではオンライン授業が提供されていますが、その準備のためにおうちでもお金がかかったでしょ、というわけでその費用の一部を支給するという形です。

しかし、このグループ合計で2万4千人以上の生徒、学生が在籍していますので、合計金額はなんと10億円以上!このくらい大きい法人になると、こんなこともできちゃうのですねぇ。

【さらに広がる】松蔭中学校 2021年募集要項【英語入試】

2020年5月13日 水曜日

このエントリーでも紹介しましたが、昨年にお邪魔した神戸の松蔭中学校・高等学校は、今年から新たなコース制が取り入れられました。さらにその目的をはっきりさせるかのような2021年度入試の募集要項が早くも発表されました。

まず、出願方式についてですが、Web出願が導入されます。それに伴い出願締め切りは、解禁日については前日正午まで、2日目午後、3日目については、当日でも出願可能となっています。

昨年からリスニング付きの英語入試もありましたが、次年度からはグローバル・ストリーム(GS)希望者には英語による面接も取り入れられます。 さらに、英検・漢検による加点もありますので、今までに取得していた受験生にとっては朗報というわけです。グローバル人材育成というはっきりとした目的のために英語入試を拡充させるというわけですね。詳しくは学校HPをご覧ください。

雲雀丘学園中学校・高等学校もオンライン授業を開始

2020年5月12日 火曜日

兵庫県宝塚市の雲雀丘学園でも5月に入ってオンライン授業が開始されました。校内には無線LANの設備がありますが、通信の安定性を求めて先生方が廊下や教室にLANケーブルを敷設し、1フロアに各学年のためのスタジオ計6つを設置するなど、高品質なオンライン授業を追及しています。(↓授業中継の様子です。もはやオンライン予備校並みの設備と体制です。)

動画配信や双方向授業など、科目や内容によって様々な形式の50分授業が、中学生は朝から昼まで、高校生は昼休みを挟んで午後まで続けられています。最後に終礼に参加し振り返りを記入すれば1日の終わり・・・とこれでも十分なのですが、そのあとオンライン部活。そういえば雲雀丘学園でも活発で多彩な活動でも有名な鉄道研究部、じっとしていないだろうなと思って調べてみると、やっぱりプラレールにかぶせることができるペーパークラフトなど発信しているではありませんか。もちろん茶道部の先生からの発信やバスケ部のオンラインミーティングなど他の部活もオンラインで活動しています。物理的に離れていても楽しそうですね。