立命館大学2月7日の出題内容

2021年2月7日 日曜日

本日の立命館の英語、日常的な内容で、読みやすかったです。世界史は安定の中国史。来年以降受験希望の方は毛沢東ファンになっておいたほうが有利でしょう。化学は初めて「会話文形式」での出題。新傾向を取り入れています。今までも大学入試センター試験に傾向が似ていましたので、次年度以降、今年の共通テストのスタイルを取り入れてくるのではないでしょうか。物理では同志社と同じ、波の屈折。こちらも次年度以降の受験生には要チェック単元となりそうです。

【関関同立入試】代々木ゼミナール講師からのアドバイス【世界史・日本史】同志社2/7

2021年2月7日 日曜日

代々木ゼミナール 世界史の佐藤幸夫先生、日本史の重野陽二郎先生より本日の同志社の出題内容、明日以降のアドバイスをいただきました。世界史・日本史選考のみなさんは、こちらを参考に明日頑張りましょう。

同志社大学2月7日の出題内容

2021年2月7日 日曜日

本日の同志社受験生、お疲れさまでした。英語の長文は語句注釈の多い理系的内容で、特に文系受験生はとっつきにくかったかもしれません。化学ではなぜか化学平衡が2問連続。理科はいずれも歯ごたえのなる問題でした。