関西大学 入試説明会

2019年10月16日 水曜日

今年も秋の入試説明会の季節が巡ってまいりました。大阪府下最大の大学、関西大学でも各地で説明会が開催されます。(関西大学の学部学生数は今年5月時点で28,648名、4つのキャンパスはすべて大阪府下です。近畿大学は全学部学生数では33,370名のマンモス大学ですが、東大阪キャンパスと大阪狭山キャンパス(つまり大阪府下)に限ると24,835名と関西大学の次の規模になります。因みに日本で学部学生が最も多い国立大学は大阪大学ですが、同じく5月時点で15,285名です。) このような規模の関西大学の13の学部のうち、最も小さい(定員が少ない)のはどの学部でしょうか?・・・

実は今年創設10周年を迎えた外国語学部なのです。1学年165名定員、現在全学年合計705名の学部学生が学んでいます。1年間留学しても4年間で卒業できるというカリキュラムで、その留学も、台湾、韓国、キルギス、ドイツの協定校では、英語と現地語の2か国語が習得できるという珍しいシステムが導入されています。卒業生もCAやマスコミ、商社など語学力がものをいう分野で活躍しているとのことです。

それはさておき10月末から各地で開催される説明会は「英語対策講座」「入試説明」「個別相談会」がセットされています。事前予約不要、入退場自由とのことです。日程と場所を確認して参加しましょう。 因みに関西大学で学部学生が一番多いのは3,433名の学生が学ぶ社会学部なのでした。

【学科新設】大阪工業大学 2021年からデータサイエンス学科(仮称)新設【設置構想中】

2019年10月11日 金曜日

大阪工業大学は工学部、ロボティクス&デザイン工学部、情報科学部、知的財産学部の4つの学部からなる理系中心の大学ですが、2021年から情報科学部の中に「データサイエンス学科」(仮称)を新設するとのことです。 今日では加速度的に通信技術が向上し、それに伴って膨大な情報(ビッグデータ)が共有できるようになってきました。それに伴ってAIを応用したデータ分析やアルゴリズムの作成の重要性が増してきているわけですが、残念ながら国内でその技術が学べる大学は多くはありません。そこに着目したのが立教大学と大阪工業大学。立教大学は大学院からの設置ですが、大阪工業大学は新学科を作って学部の段階から人材育成を考えているようです。まだ設置申請も行っていない「構想中」という段階ですので、詳細については今後の発表に注目です。

【祝】武庫川女子大学 「経営学部」設置認可が答申される【新学部】

2019年10月8日 火曜日

今年80周年を迎える日本最大の女子大、武庫川女子大学は、甲子園球場の近く、阪神鳴尾駅の徒歩圏内に、文学部、教育学部、健康・スポーツ科学部、生活環境学部、音楽学部、看護学部、薬学部の7学部を持つ巨大総合大学で、たとえば文学部には日本語日本文学科、英語文化学科、心理・社会福祉学科が、生活環境学部の中には生活環境学科に加えて、食物栄養学科、建築学科、情報メディア学科といった理系分野の専門分野も充実するなど本来ならそれぞれ学部として独立してもよさそうな専門分野がそれぞれの学部に含まれているなぁと思っていたら、食物栄養と建築は新学部に独立するそうで、さらに組織拡大です。

これだけ様々な専門分野を持っている武庫川女子大が、2020年度から200人募集の経営学部を新設することになり、8月末に認可の答申がなされました。新学部の為の新しい8階建ての校舎も建設中です。3階から5階、5階から7階に移動できるエスカレータを中央に配置、開放的なゼミ室(コーナー)を設置するなど今風の造りとなっているようです。ビジネス界での即戦力養成というわけで、ファイナンシャル・プランナーや社会保険労務士、ITパスポートなどの資格取得支援や、英語系の検定対策も想定されているようです。また、アメリカの分校を利用しての留学プログラムもオプションで用意されています。

ところで最寄りの阪神鳴尾駅が何やら工事しているよと思えば、その高架下を利用した「ステーションキャンパス」もできるようです。そこに併設のカフェ「Lavy’s café」が昨日開店しました。因みにこの「Lavy(ラビー)」というのは武庫川女子のキャラクターである、ノンスリーブのワンピースを着て2足直立した痩せた黒ウサギなのですが、このように文字で表現すると全くかわいくないから絵を貼りたいのですが、絶対怒られるので、各自検索してご確認ください。 それはともかく、今年新設の経営学部の難易度は、この分野の人気の高さも手伝って、 おそらく教育学部と文学部の間か、文学部の日本語日本文学科と同水準になるのではと予想されます。 ひとまず公募推薦の受験をお勧めします。出願は、今日から10月22日までとなっています。ぴょんぴょんウサギでお急ぎください。

【祝】摂南大学 「農学部」設置認可が答申される【新学部】

2019年10月7日 月曜日

いやぁ、すみません、8月末から開成進学フェアの開催準備やなんやかやで戦っていたので文部科学省のHPをチェックするのを忘れていましたが、以前このエントリーで紹介した摂南大学農学部の設置がすんなり認可の答申がなされたようです。今までの学部の再編ではなく、完全な新設は結構ハードルが高いものですが、予定通り大学設置・学校法人審議会から判定可の答申がなされたとのことで。よかった、よかった。

当然基本は理系ですが、「食農ビジネス学科」のような文系分野からのアプローチを行う学科もあるようです。しかし「農学基礎演習」という農学部全員必修の授業では田植え、稲刈り実習も行うそうです。田植えでは泥だらけになりながらの手植えも行うのでしょうか。その昔の、今は無き高槻の試験農場での経験ですが、何時間も下を向いての作業は足も腰も痛くなりますが、一面植え終わった水田を眺めた時に得られる充実感はやった者にしか味わえません。 このような経験を経て、食べ物と真剣に向き合う人材育成をする「農学部」、今後どのような設備や講座が整備されていくのか楽しみです。

THE世界大学ランキング2020(「早慶近」本当だった編)

2019年10月4日 金曜日

それはさておき日本の大学はといいますと・・・

「教員一人当たりの論文の被引用数」が重視される指標を使っていますから医学系の単科大学が有利になっていますが、800位までで、日本の782大学(2018年に1年生を募集したのは768大学)のうち、ランクインしているのはわずか25校です。因みに私立大学では、早稲田大学と慶應義塾大学、近畿大学がランクインしていますが、関関同立は入っていませんでした。 そういえば2年前に近畿大学が「早慶近」というキャッチフレーズを使って広報していましたが、その根拠はこのランキングの2016年版でした。今年のランキングでもその地位を維持しているという点でも近畿大学の実力は本物だといえるでしょう。

 一方 同じ医学系の大学でも、ここにランクインしているのは研究を重視している大学であるといえますので、それはそれで大学選びの一つに使えそうなランキングなのでした。

THE世界大学ランキング2020(世界は遠いなぁ編)

2019年10月3日 木曜日

イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(略してTHE)は毎年大学の世界ランキングを発表しています。学生一人当たりの資金や教員一人当たりの被引用論文数や教員:学生比率、学生や高校教員によるアンケート外国人教員や学生比率などを得点化して並べているものですので、規模が大きく、特に医学系の大学院など引用される論文が多い研究機関の比率が高い大学が有利な指標とはなりますが、ひとまず2020年ランキングが先月発表されましたので、総合ランキングベスト15を発表しましょう。

つまり上位15校にアメリカの大学が10校、EU離脱でごちゃごちゃしているイギリスも4校ランクインさせており、米英でほぼ独占状態になっています。因みにオックスフォード大学は創立年不明ながら700年以上(900年以上との説も)の歴史はあるだろうというイギリス最古の大学で、学部学生は16000人ほど(日本最大の国立大である大阪大学とほぼ同じ)学費は日本円で年間260万円ほどの学校です。(続く)

千里金蘭大学 生活科学部食物栄養学科 授業見学会

2019年9月30日 月曜日

阪急千里線、北千里駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅地の中にある千里金蘭大学のイベント紹介です。 千里金蘭大学は生活科学部と看護学部合わせて900名ほどの学生が学ぶ大学ですが、その生活科学部には保育士・小学校教員を目指す児童教育学科と管理栄養士や栄養教諭の免許が取れる食物栄養学科とがあります。今回はその食物栄養学科に的を絞った授業見学会となっています。もちろんキャンパス内の教育設備の見学も魅力的なのですが、見逃せないのは「AO入試ガイダンス」です。実はこのガイダンスに出席していなければAO入試に出願することができないようになっていますので、この大学を考えるのであれば出席しないという選択肢はないでしょう。 事前予約制となっていますから、大学のホームページをご確認ください。

京都産業大学 公募推薦入試対策講座

2019年9月6日 金曜日

3日連続で中学校受験のイベントについてお知らせしましたが、今日は大学の入試関連イベントの紹介です。大阪南会場の9月29日を皮切りに、各会場で行われる公募推薦入試の対策講座です。公募推薦入試は科目が少ないこともあり、ハードルが低いイメージがありましたが、今ではひとまずここで合格切符を手に入れておきたいという受験生が集中し、難易度もかなり上がってきており、受験生は不安だと思います。そこで、このような対策講座を受講することで入試のシステムや出題傾向を確認できる機会を是非利用してもらいたいと思います。事前申込制となっています。大学のホームページをご確認ください。

阪南大学 オープンキャンパス

2019年8月9日 金曜日

商都大阪にふさわしい、ビジネス系実学に特化した大学、阪南大学のオープンキャンパスです。以前このエントリーで大阪国際滝井を紹介した時にも触れましたが、元は「大鉄工学校」という工業系の男子校をルーツとしますが、大学を開設した時には工学部系の学部を作らず、今でも流通・経済・経営情報・国際コミュニケーション・国際観光と、ビジネス系の専門分野のみです。日商簿記や宅地建物取引士、FP技能検定などの資格取得のための講座が安く受講できる制度も含めてキャリア教育には力を入れており、大企業への就職率も高くなっています。 というわけで、手厚い就職支援とはどのようなものかを見に行ってみてはいかがでしょうか。全体イベントと学部ごとのイベントがあるようですので、詳しくは大学ホームページをご覧ください。

★お知らせ★ お盆休み期間に入りますので、このブログの次回更新は8月19日(月)になります。お楽しみにお待ちください。

大阪青山大学 オープンキャンパス

2019年8月7日 水曜日

このエントリーでこの大阪箕面市にある「大阪青山大学」を紹介するのは5年ぶりです。元々は1967年に作られた大阪青山女子短期大学(家政科・幼児教育科)をルーツに持つ大学です。女性の社会進出に伴ってこのような短大は全国各地に新設されたわけですが、こちらは順調に2005年に大学に昇格、今では管理栄養士や小学校・幼稚園教諭、保育士、看護といった国家資格が取得できる3学部のみ設置の4学年合計1000名規模の手堅い大学となりました。5年前に作られた看護学部も後発ということもあり、実習病院の確保などどうなるかと思っていましたが、千里中央病院や箕面市立病院、市立池田病院など300以上の病床数の大きな病院と連携しているそうです。  女子短大のイメージが強いため、男子学生は珍しいのではと思われていますが、実際には300名近い男子が学んでいますので特に困ることも無いそうです。  8月10日にもオープンキャンパスが実施されるそうです。なんと和歌山からはバスも出してもらえるそうです。というわけで、大阪・兵庫のみならず、和歌山の高校生もお出かけしてみましょう。詳しくは大学HPをご覧ください。