ついに大学入試センター試験から英語が消える???

2017年5月18日 木曜日

「文部科学省は16日、大学入試センター試験に代わって2020年度に始める新テスト「大学入学共通テスト(仮称)」の実施方針案と問題例を公表した。国語と数学は記述式問題を3問ずつ出題。英語は20年度にも共通試験を廃止し、民間の検定・資格試験に移行する。「知識偏重」から脱し、思考力や表現力を測る入試への一歩とする。」(17日 日本経済新聞)

***************************************

新テストについて、また少し動きが見られました。今回のプレスリリースでは新テストの名称が、「大学入学希望者学力評価テスト」という寿限無的な名前から、「大学入学共通テスト(仮称)」と変わったところと、数学や英語の問題例が示されたところが新ネタですが、NHKニュースでは、「センター試験から英語がなくなる」という表現がなされたそうで、確かに英語で民間試験を利用ということは、国として問題作成を放棄することだなぁと改めて感じました。当然ですが大学入試は指導要領とシンクロしており、スポーツに例えればルールがあって、それを身に着けた選手を、審判が判断するというのと同じようなものだと思うのですが、指導要領と関係ない文脈で作られた検定試験で合否を決めるというのは、いきなり審判から「おれがルールブックじゃぁ」といわれるようなものかもしれません。と、愚痴っていても仕方がないので、学校も英検やTOEFLに対応できる授業に切り替えなくてはいけません。(開成教育グループでは昔から英検の準会場となるなど英検に対して積極的に取り組んでおります。)それはさておき今までに発表された内容も含めて、簡単にまとめてみました。

英語については(A)案と(B)案がまだ決めきれていないとのことで、6月に発表される見込みです。ところでその(B)案の2023年というのはなんだろう、4浪までOK?? という意味ではございません。

先に述べたように、指導要領とテストは関連しますので、改訂された指導要領で学ぶ高校生が受験を迎える2024年には教科、科目も含めて大きな変更が見込まれます。特に「理数探究」という科目が高校で設置されますので理科と数学を融合した合科型のテストも導入されるようです。(実はこの科目名は「数理探究」と高大接続システム改革会議最終報告では表記されていましたが、数理=数学の理論、という意味もあるので、中教審としては 理科+数学=「理数」とするようです。)このように大きく大学入試が変わるのは実は2024年、つまり今の小5も大きな影響を受けることになります。小5以下の保護者の皆様、大学受験は高校になってから考えようとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、中学校、小学校のそれぞれの段階での学習も重要になってきます。一日も早く、変化への対応力の高い開成教育グループにお越しください。

あと3年後(またはあと7年後)に迫った新テスト、また新たな内容が判明しましたらここでお知らせしていきたいと思います。

 

光泉中学校・高等学校の説明会に行ってきました

2017年5月15日 月曜日

月10日、滋賀県草津市の光泉中学校・高等学校の入試結果説明会が学校内で開催されました。180名ほどの塾関係者が集まっていました。

キリスト教(カトリック)の学校として、生徒の人格形成を「心の教育」として取り組んでいる例が紹介されました。なかなか生徒さんたちの満足度が高い学校のようです。

中学校からは3分の1ほどが県立高校などに進学するそうです。膳所や石山、守山、彦根東といったトップレベルの高校にも15名進学しています。中高併設校の場合、外部への進学をあまり良しとしない学校も多いのですが、この学校は教育成果の一つとして説明してくださったのでした。

一方、高校から大学への合格実績も立派なものです。大阪大3、神戸大4をはじめ、難関私立の関関同立にも合計で170名、中でも同志社大46名というのは過去最高なのだそうです。

光泉高校はⅠ類、Ⅱ類、Ⅲ類とコース分けがなされていますが、国公立を目指すⅢ類から実際に国公立には実人数で3分の1ほど、関関同立まで含めると半数近くが合格している計算になります。東京大に合格した生徒が一人います、というのではなく、みんなで合格実績を出しているという点で、安定した進学校だといえるでしょう。

さて、Ⅲ類の中に、今年度から「World Level」というプログラムを設け、希望者を募集し始めました。普通科の約2倍の英語授業数や海外研修プログラムが用意されており、海外の大学に進学することを目的としています。今年度は初年度という事で5名が応募したそうですが、2名が正式にこのプログラムに参加することになったそうです。

英語のコミュニケーション力のみならず、プレゼンテーション能力も養われるハイレベルな教材を使った授業が既に始まっているそうです。

その他、放送や将棋、ラグビーフットボールやテニス、硬式野球などの部活の成果が紹介された資料も配布され、学校全体の元気良さが印象付けられた説明会でした。

 

大阪市に、新たに市立中高一貫校が誕生します

2017年5月10日 水曜日

大阪市は平成31年度(2019年度)から公設民営の手法による新中高一貫教育校(仮称:大阪市立第131中学校・第21高等学校)を設置すると昨年度発表しました。設置は大阪市が、運営は民間が行うという新たな手法での開設を目指していますが、いよいよこの学校運営管理を行う法人が「大阪YMCA」に決まりました。この学校法人は単位制・通信制の高校やインターナショナルスクールを運営し、予備校時代からの講師管理ノウハウや、語学学校として海外ともパイプがありますので実にふさわしいと思います。いよいよこの全国初の「公設民営中高一貫校」の実現に向けて大きく進むことになったようです。

この学校は大阪市住之江区の大阪市立南港渚中学校と近隣の南港南小学校の跡地を利用して建設するとされています。中学校についてはあくまでも「大阪市立」ですので、授業料は必要ありません。しかし話題性が大きいのは高校卒業と同時に「国際バカロレア資格」の取得もできるという学校を想定しているというところです。

国際バカロレア資格(IB Diploma)は、ジュネーブに本部を置く教育団体「国際バカロレア機構:International Baccalaureate Organization(IBO)」が提供している3つのプログラムのうち、16歳から19歳の生徒を対象にした2年間のディプロマコースです。世界共通のアカデミック資格として知られており、修了時にディプロマコースの卒業試験(毎年5月又は11月に実施)に合格すれば、資格を取得できます。イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学、アメリカのハーバード大学やマサチューセッツ工科大学など、世界の名門大学でも認められている資格です。

教育基本法第一条に規定されている学校であれば、ダブルライセンス(日本の高卒と国際バカロレアディプロマ(以下IBと省略)の両方)が手に入ることになります。しかし、日本では東京学芸大附属国際中等教育学校と東京都立国際高等学校の2校しかありません。私立も含めると、全国に15校ありますが、関西には立命館宇治中学校・高等学校の1校のみです。大阪女学院も認定校の準備を進めており、すでに候補校としては認定されています。

世間では「国際化」、「グローバル化」といわれているのにこの学校が増えないのは、設置基準が厳しすぎるためです。基本は母語以外(主には英語)で主要教科の授業を行うことで、複数言語能力と基礎教養を身に着けるプログラムの提供が必要なのですが、プロセスや指導教員の資質、指導成果の測定方法など細かい基準を満たさないと認定を受けることができません。確かに日本の教員免許を持っていて、英語で物理や生物を教えることができるといった先生を確保することは簡単ではないでしょう。そこで、大阪市は運営を民間に委託するという手法を選んだわけです。

 

今の小学校5年生、中学校2年生が最初の入試を迎えることとなります。(中学、高校、各80名募集予定)

試験科目など生徒募集方法もそのうち発表されると思います。また、ここでも続報をお伝えしていきます。

 

「第8回大阪キリスト教 学校フェア」が開催されます

2017年5月9日 火曜日

大阪のキリスト教系の学校合同の説明会で、ブース形式の進路指導や各学校の生徒によるパフォーマンスが行われます。実はこのイベントが始まったのは2010年、ある意味でライバル関係である私立中学・高校が合同の説明会を始めた時期でもあります。

キリスト教系の学校が集まるという事で、過去にはシスターによる講演やゴスペルコンサートなど、キリスト教に因んだイベントが行われました。キリスト教思想という共通部分がわかりやすい企画だったと思います。一方キリスト教という共通部分があっても、その思想の学校教育への生かし方や、教育方針は当然学校によって異なります。このフェアではその違いを比較することができるというメリットもあります。

 

今では昨日報告した「女子中学フェア」のような合同説明会も珍しくなくなり、受験生やその保護者にとっては、その違いを手軽に比較する機会が増えたといえるでしょう。

 

「大阪私立女子中学校フェア」参加レポート

2017年5月8日 月曜日

その昔は、私立の中学、高校といえば、男子校・女子校が大半で、共学の方が少なかったものですが、今や逆に大半が共学校に移行しています。中学校でも女子校が次第に共学化され、女子校は人気が無いのかな、と思われそうですが、いやいやそんなことはございませんよ、というお話です。

 

4月30日に行われた「女子中フェア」の様子です。新阪急ホテルの1フロアを全部使ったイベントです。まず、「学校紹介パフォーマンス」を見に行きました。入るのにも長蛇の列です。中では各学校が音楽やチアリーディング、空手、新体操など元気いっぱいのパフォーマンスを見せてくれますが、それに加えて制服の紹介や学校生活の紹介などを生徒たちが行います。満席の会場からも思わず拍手が沸き起こります。

 

さて、学校の個別相談ブースと生徒との交流コーナーは・・・・うわぁ、人が多い。小学生女子と保護者で渦巻いています。こんなに女子中に対する関心が高いとは驚きでした。

 

交流コーナーでも現役の生徒さんたちが小学生と一緒にアクセサリーを楽しそうに作ったりしていました。(写真は城南学園の交流コーナー)

これらの学校は9月の「開成進学フェア」にも参加していただけるようですので、そちらでも詳しく学校の様子を聞くことができます。また、さらにそれぞれの学校の相談会やオープンスクールも開催されるようですので、今回参加できなかった女子小学生と保護者の皆さんは、学校ホームページなどで調べて参加してみてはいかがでしょうか。

http://joshichu-fair.net/jyoshichu_fair_2017.pdf

 

大阪青凌中学校 入試科目が増えます

2017年4月27日 木曜日

近年、私立中学校入試では受験科目を減らす、または選択を増やして受験生の負担を減らすという傾向にありますが、来年度から大阪府高槻市の大阪青凌中学校は、従来の算国2教科入試から理科・社会を含めた4教科入試に変更するという情報が入りました。

 

判定は4教科300点と算国2教科を300点満点に換算した両方の点数で合否を判定するそうですので、理科・社会が足を引っ張るという事はなさそうですが、逆に理科・社会が得意な生徒にとっては朗報でしょう。

作文と面接や英語だけの入試など、小学生としての学力を何で測っているのかわかりにくい入試に比べると、学力充実にもこだわっている学校の姿勢がはっきり示されていると思います。

すでに学力別編成による少人数授業によって、学力伸長に定評のある大阪青凌中学校ですが、2020年の移転に向けて内部充実も進んでいるようです。

御覧のように、この学校も移転が計画されているようです。またそちらの続報も入れば、お知らせいたします。

 

追手門学院中学校・高等学校 移転情報

2017年4月26日 水曜日

昨年発表されていた追手門学院中学校・高等学校の移転に関してですが、次第に具体的な内容が明らかになってきました。

まず、これは以前発表された内容ですが、場所はJR京都線(東海道線)の茨木・摂津富田間に新設される新駅から徒歩12分、その昔大型トラックがひっきりなしに出入りしていた東芝の冷蔵庫工場跡地です。JRの新駅設置工事は既に始まっています。ここに大学の一部と一緒に追手門学院中・高が2019年に引っ越してくるというわけです。

ここからが新ネタです。

移転によってスクールバスが必要なくなる、というだけではありません。設備も最新の学びに対応する仕様を予定しているようです。まず、教室が個別の箱の形式ではなく、前の廊下と空間がつながっているオープンタイプです。また、その広い廊下は自由に使える「ラーニングスペース」にもなります。可動式の壁を取り払うと大講義室にもなるという仕様です。普通は1か所にまとめられている図書館も、4つのフロアにそれぞれ配置された「メディアライブラリー」という形態になります。学年や目的に応じて必要な情報は違いますので、それぞれに応じた情報だけを集めておくと、検索性も良い、という発想です。

さすが、大学まで併設している中学校・高校です。このようにこれからの学び(学習形態)を研究して実際の設備に生かしていくというのは、特に公立の学校ではなかなか実現させるのは難しいでしょう。

また、土曜日に使わない大学の設備も利用して、アクティブ・ラーニングなどに利用することも想定されているようです。今の小5が入学する年には移転は完了しています。これらの充実した学習環境が迎えてくれることでしょう。

 

平安女学院 耐震補強工事終了しました

2017年4月25日 火曜日

平安女学院中学校・高等学校は、京都御苑(御所)の烏丸通を挟んですぐ西側、京都府庁や警察署、ホテルや放送局、能楽堂など非常に文化度の高い場所に位置しています。京都の旧市街は美しい街並みや大文字山などの眺望がいたるところで可能であるなど、伝統的な景観が維持されている素晴らしい街ですが、これは美観地区として建物の高さ制限はもちろんの事、外壁のデザインや屋根の形・色まで厳しく規制されているためです。この規制は一般的には良い話なのですが、学校にとっては校舎の建て替えが簡単にできないという事につながっています。同志社大学や立命館大学が市外や府外にキャンパスを分離しているのも、この厳しい規制が影響しているといわれています。

 

さて、この平安女学院の、室町通りに面した建物も、今の耐震基準を満たしていないため、立て替えなければいけないことになったのですが、立て替えるとなると景観面への配慮を考えると何かと大変です。そこで、耐震補強工事を行うことにしたのですが、これまた工事期間が長くなると周辺環境に悪影響が出ます。そこで、学校は短い工期で一気に補強工事を行うために、全生徒を「疎開」させる思い切った方法を取りました。昨年の2学期から中学は廃校になった京都市立西陣小学校へ、高校は同じく廃校になった今熊野小学校で授業を行ったそうです。それらの小学校は一度廃校になり使われていなかった設備ですので、修理や清掃、引っ越し往復など先生方のご苦労も大変だったと思うのですが、校長先生からは、「それぞれの地域の方に温かく受け入れていただくなど良い経験ができました。」と、とても前向きなコメントがいただけました。地域との交流や、中学と高校が分離したため、初めて行われた中学校単独の文化祭も生徒にとっては良い経験になったことでしょう。

 

また、耐震補強のついでに内装も新調し、さらにクラブボックスの「クインビー館」をリニューアルするなど今まで以上に教育環境が整ったようです。今ではこの環境で生徒たちは再び中高一緒に学んでいます。

オープンスクールなどできれいな学校を見る機会があれば、先生方、在校生はもちろんの事、そのほかの方も含めて多くの方の支援の賜物であることを意識しながら見なければいけないなぁ、と思うお話でした

神戸国際中学校・高等学校の進学実績

2017年4月21日 金曜日

神戸須磨区の「神戸国際中学校・高等学校」は中学校で70名、高校からは15名募集という、かわいいサイズの私立女子校です。

名前が似ていますが、高校野球で有名な「神戸国際大学附属高校」とは関係がありません。

さて、「神戸国際」は制服を着ていく義務がありません。行事や式典の時には決まったブレザーを着ることになっていますが、それ以外の日は私服で登下校しています。

実はこの学校、さまざまな英語のスピーチコンテストに出場し、多数受賞しています。ネイティブの先生による、少人数を生かした授業が効果を発揮しているようです。

その成果として、大学進学実績でもとんでもないことになっています。今年は東京大学の推薦入試に合格した生徒もいるそうです。これも英語のプレゼンテーションで非常に高い評価を得たので合格につながったとのことです。

阪大1名など東大以外の国公立に10名、慶応1名、同志社4名、関西学院14名。また、獣医学部に2名、歯学部に5名、薬学部に4名など、英語力やプレゼン能力だけでは合格できない大学への実績が公表されています。

この数字だけですとその凄さが伝わらないと思いますが、実はこの年の卒業生数が46名とのことで、半数以上がこれらの学校に進学しているという驚異の割合になっています。

大きな学校で競い合う方が向いているお子さんもいると思いますが、落ち着いた環境で丁寧に育ててくれる学校もあるのだなと思わされるお話でした。

 

全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が実施されました

2017年4月19日 水曜日

『小学6年生と中学3年生を対象にした文部科学省の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が18日、全国の学校で一斉に始まった。2007年度に始まり、東日本大震災で一度中止になったため、今回で10度目。熊本地震で昨年に中止となった熊本県と大分県の一部でも2年ぶりに実施された。今年度は国公私立の小中約3万校、約212万人が参加。国語と算数・数学の2教科で実施し、基本的な知識をみるA問題と活用力を測るB問題が出された。』(4月18日付「日経オンライン」より)

 

この調査の本来の目的は、小問ごとの正答率を出して、生徒がよくつまずくところに対応した教材を開発したり、授業改善に生かすなどの材料を得たりするためのものなのですが、自治体ごとの平均点が公表されるようになったあたりから、様子が変わってきました。

点数を上げるために過去問演習を繰り返す学校はまだましな方で、過去には点数が取れないと思われる生徒を欠席させる、または意図的に答案を取り除くなど、点数(平均点)の信頼性を揺るがす事件も報道されていました。逆に言えば、平均点を上げるために現場が追い込まれているともいえるでしょう。

結果が判明するのは9月ごろです。都道府県ごとの平均点なども発表されるでしょうが、それはさておき、小問ごとの正答率を元にして、塾でも授業改善に取り組んでいきたいと思います。