浪速中 浪速改革「最終章」も大詰め

2015年5月28日 木曜日

浪速中の塾対象説明会にお邪魔致しました。

中学校では、「徹底して面倒見の良い教師集団」「更に充実した教育環境・施設」「道徳教育の新たなる展開」にポイントを置いた教育活動を実施されています。

関西大との連携解消により、2013年度入試から以下2つのコース体制となっています。ただし、カリキュラム、1・2年次は週35時間(水曜7限)、3年次は週37時間(火水金7限)といった点が両コースで共通となっています。

Ⅰ類:6年一貫教育、6年間1クラスだけの囲い込みで確実かつ飛躍的に学力アップを図る。中3進級時にⅡ類との入れ替えが行われる。理数科との合同授業なども取り入れて実践力を養成する。

Ⅱ類:3年コースの位置づけとなり、浪速高の進学を保証しつつ公立高を受験可能(併願私立は浪速高となる)。3年次に習熟度別授業を英数で実施。

Ⅱ類コース生のコース別内部進学割合は、「理数・Ⅰ類 約30%」「Ⅱ類 約40%」「Ⅲ類 約30%」となっているようです。

今年度の併設高入試では2,165名もの受験者数をお集めになったのですが、その中で成績上位50位以内に浪速中出身者が6名いた、という事実も中々のものです。

また、過去3年間の外部高校進路状況は次の通りとなっています。

公立:高津2・泉陽2・東住吉1・鳳2・登美丘2・今宮3・堺東1・狭山1・高石1・阿倍野1・堺東1 他
私立:大阪桐蔭・近大和歌山・清風・帝塚山学院泉ヶ丘・桃山学院

さて、浪速中高では先だって5階建ての新東館が完成し、現在は8階建てとなる新校舎(中央館)を建設中。今年7月に完成することで浪速改革の「最終章」が終えることになります。

近年の入試動向についてです。

入学者数は以下のように推移しています。この間、2010年度~2012年度入試では「関大連携コース」が存在しており、特に10・11年度は高い人気となっていました。今春結果を見てみますと、入学者数は関大コースを擁していた時代から見て減ってはいるものの、3年続いた入学者数減から脱出しています。

07年度70名⇒08年度107名⇒09年度119名⇒10年度121名⇒11年度120名
⇒12年度88名⇒13年度67名⇒14年度69名⇒15年度94名

近年の女子入学者数についてですが、2013年度14名・2014年度24名から今春2015年度は23名となり、前年並みを維持しました。

 

関連記事:
浪速高 理数科を廃止し「文理S1」コースを新設
浪速中 アンケート1位は「礼儀が学べる」

 

 

西京高等学校附属中 京都大合格者数が2013年度水準に

2015年5月26日 火曜日

西京高等学校附属中の、受験生・保護者対象の説明会に行ってまいりました。

教育内容についてです。

6年一貫教育でもって、進取・敢為(あえて困難に挑戦する)・独創性にあふれた人材の育成を目指す教育を実践。「進取の気性に富んだ」という意味の「enterprising」を6年一貫教育の基本理念とし、大学を経てさらにはやがて未来社会のリーダーとなる有為の人材の育成を目指す学校となっています。

エンタープライジングA・Bという教科があるのが大きな特徴で、Aはリーダーの資質を養うような内容とされている「総合的な学習」、Bが中1では数学・中2は英数・中3は英国数それぞれに関してより発展的な学習を行う「独自の選択教科」とされています。

また、「サテライト学習」という、いわゆる補習のようなものも実施されておられます。以下3種類となっています。

①月1回、放課後の自学自習
②テスト前2日ほどの自学自習
③「サマーサテライト」という、夏休み中に各々の課題を克服するための補習的要素となるもの

大学合格実績についてです。今春の大学合格実績としては、国公立大222名(昨年188名)と大きく上昇しました。

現役の国公立大合格者数は157名で、2014年度129名・2013年度154名・2012年度142名となっており、昨年へこんだ実績も2013年度水準にまで回復しました。特に京都大29名(うち浪人16名)は昨年の16名から大きく上昇し、こちらも2013年度と同数にまで回復しています。

入試についてです。

例年、私立中学入試の統一解禁日に入試を実施されていますが、次年度の日程については現時点では未発表となっています。

午前中にⅠ~Ⅲの検査を終え、午後には面接が行われます。適性検査(試験)内容は以下の通りです。

適性をみる検査Ⅰ:あたえられた課題(長文)を理解し、自ら考えたことを文章で表現する力をみる

適性をみる検査Ⅱ:与えられた課題(図形や立体など)を理解し、論理的に思考・表現する力及び数理的に処理する力をみる

適性をみる検査Ⅲ:あたえられた課題(実験課題や地図・図表など)を理解し、自然や社会の事象を科学的に思考・表現する力をみる

面接:グループ、10分、志望動機やコミュニケーション能力をみる(今年は「絶滅危惧種を人間の手で保護する必要があるか?」、昨年は「観光地にゴミ箱は必要か」という問いに対し、自身の考えを理由とともに応えよ、というもの)

配点は非公表で、今年は適性検査だけならば55%あたりが合否ラインになっているようですが、面接・報告書との総合判定となっており、適性検査だけ出来れば良いというものではないとのことです。

 

関連記事:
西京高等学校附属中 適性をみる検査の合格ラインは?
西京高等学校附属中 6年間を貫くエンタープライズシップ

 

▼おすすめの教育イベントはこちら▼

 

 

羽衣学園中高 来春は共学化1期生が卒業

2015年5月25日 月曜日

羽衣学園中高の塾対象説明会にお邪魔させて頂きました。

学校概要です。

中学校は文理特進Ⅰと文理特進Ⅱの2コース制として、また共学化を迎え今春で3年目となります。両コース共通のカリキュラムとしていますが、文理特進Ⅰは深さを求めておられます。共に週36時間授業・朝礼テスト・サポート補習が用意されている、という点も特徴です。

中学校では英検(年3回)と漢検(年2回)の取得に力を入れており、中学卒業までに共に準2級を取らせることを目標としています。合格のための対策授業や模擬試験を充実させるだけでなく、英検2次対策にはECC国際外語専門学校講師が充てられるなど、対策は万全です。

高校でのコースは「文理特進Ⅰ」「文理特進Ⅱ」「進学」の3つとなっています。

学校全体で「進学実績の向上」「実践的な英語力とICT力」「将来につながる資格取得」に取り組まれており、日々の授業では以下の点が近年強化されています。

①ICT化(電子辞書を持たせ、検定対策にも活用している)
②デジタル教科書の導入
③タブレットの使用(遠足等での使用に留めているそう)

ただし、生徒にタブレットを常備させることは「モラルや費用等問題が多い」ことから現在は見送っておられるようです。

大学合格実績についてです。

女子のみの最後の学年であった今春卒業生は、国公立大1名・関関同立17名(うち関大パイロット9名)という実績となりました。その国公立大1名、関関同立のうち10名がそれぞれ中高一貫生の合格実績、となっています。

四年制大学進学率は66%(昨年60%)と過去最高、その分専門学校で減となったそうです。また、今春は看護医療系希望者の実績が向上し、有名女子大や外国語大などでも健闘したようです。

併設の羽衣国際大は食物栄養学科が人気なのですが、同学科では今年管理栄養士国家試験合格率が100%を達成するなど盛り上がっているようです。

中高とも共学化以降3年が経ち、全6学年で男女共学が「完成」したことになります。よって、来年春の卒業生は「高校 共学1期生」が卒業することになります。高校入試の共学化初年度はかなりの人気となった入試でしたので、大学合格実績にも期待が持てます。

2015年度入試結果についてです。

中学入試では入学者数45名で、昨年63名・一昨年46名と推移しています。昨年からの入学者数減は「これまでは全日程で2科受験としていたが、1/17土AMの1次Aに限り、4科入試必須受験となる」という入試科目増が原因であることがはっきりしています。この入試科目については次年度入試で是正されることになっています。

共学化3年目で気になる「男子比率」は、初年度30%弱・2年目40%弱・今年42%と上昇傾向にあります。特に文理特進Ⅰに関しては、男女数が全く同数の11名ずつとなっています。

2016年度入試に向けた情報です。

中学入試では入試回数を1回増やし(1/23土2次C)、計5回の実施とされます。

また、初日午前を4科必須とした今年ですが、Ⅰは4科or3科or2科、Ⅱは3科or2科それぞれの選択へと移行します。なお、1次B以降は算国2科のままです。

高校入試では、募集定員を250名から270名(Ⅰ・Ⅱ計120名、進学150名)と、それぞれ10名ずつ増。また、和歌山入試を3科に変更予定とされています。

 

関連記事:
羽衣学園中高 新校舎建設と中学入試での大きな変更

 

 

仁川学院中高 学区再編で追い風が吹いた高校入試

2015年5月21日 木曜日

仁川学院中高の塾対象説明会に行ってまいりました。

大学合格実績についてです。

今春の国公立大合格者数は21名(うち浪人4名)となり、昨年19名・一昨年10名から着実に上昇中です。また、私立大においても関西大35名及び関西学院大49名という合格者数は過去最高で、近畿大も昨年62名から今年126名と倍増しています。

四年制大学への進学率が79.8%となるだけでなく、一般入試での進路決定割合が47.6%で年々上昇しており、学校全体が「一般入試で四大へ進学」という空気になりつつある、という状況が見えます。

これだけの実績が出せている秘訣としては、開始6年目を迎える「学内予備校」にある、とご説明がありました。開始当初と比べて、近年は「アットホーム」「きめ細かい」中身になっているそうです。詳しい中身は次の通りです。

・特進Ⅰや進学からでもハイレベル講座への受講希望があれば本人の意志を尊重して受講を認める
・特進Ⅱ(6カ年一貫コース)の生徒は、出来るだけ1学年上の講座の受講を積極的に促す
・高3生に関しては「全コース希望制」「平日75分、土曜90分」「レベルは難関国立、国公立・難関私立、中堅私立の3段階で、これらの講座に絡めて各教科にセンター対策講座も設置

さて、東大・京大・阪大・神大など難関大合格を目指すコースとして2010年春から中学に新設された特進Ⅱですが、現在1期生が高3となりました。高1からは1学年上の模試を受験しているなどのご紹介があり、実績に期待が寄せられます。来年が楽しみです。

2015年度入試結果です。

中学入試では、受験者数は昨年から45名増の152名、入学者数も75名(特進Ⅱ18名・特進Ⅰ30名・進学27名)と昨年から6名増となりました。今年初実施の初日午後では52名の受験者数を集めましたが、これは昨年の2日目午後とほぼ同数だった、とのことです。

プレテストは202名の申込を受け、当日は165名が受験し、19名が添削、となりました。入学者数75名のうち52名がプレを受験していたとのことです。SABCの4段階判定で、そのプレテスト受験かつ入学もした52名の判定ごとの各コース入学状況は次の通りとなります。

さて、高校入試結果についてです。

公立の学区再編及び新たな複数志願選抜、阪神地区中3生数の増加、といった条件下で行われた入試ですが、受験者数は3030名(昨年2646名・一昨年2308名)、280名募集のところ354名(昨年307名・一昨年282名)の入学者数を集めました。

コース別入学者数は特進S 45名(昨年29名・一昨年24名)、特進Ⅰ 90名(昨年83名・一昨年42名)、進学206名(昨年190名・一昨年205名)となり、特に2つの特進の入学者数が2年で倍増しているのが特徴です。

専願は31名増、併願戻りの入学者数は361名(率4.75%)、2つの特進合わせて489名の受験者数増、という状況になっています。

2016年度入試に向けた情報です。

中学入試においては「3コース制及び募集定員については今年度を踏襲する」「入試日程は未定」「プレテストは引き続き実施予定」とのことです。高校入試は特に発表はありませんでした。

なお、開成教育グループにお通いの皆さんには、塾生限定ブログ「学校選びの道しるべ PREMIUM」で更なる情報をご紹介しています。開成教育グループの塾生・その保護者の皆さんは、開成NETにログインの上、当該ブログをぜひご覧ください。

今年で6回目 大阪キリスト教学校フェアが開催

2015年5月20日 水曜日

毎年恒例、大阪キリスト教学校フェアが今年も開催されます。大阪府内のキリスト教学校が一堂に会し、キリスト教学校の教育を一般にお知り頂くために開催されているイベントです。

詳細は下記の通りです(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。


大阪キリスト教学校フェア

日時:2015年6月14日(日)10~16時
場所:太閤園
内容:進路相談、各学校の生徒による演奏会や発表会


大阪キリスト教学校フェアは今年で6回目の開催となります。1回目・2回目の開催は7月末の土曜日を使って実施をされていたのですが、第3・4回は実施時期が大幅に早まって6月の第一日曜日に開催され、第5回目の昨年は6月15日(日)の開催となり、今回の第6回は前年を踏襲する日程となっています。

会場についても、第1・2回は東梅田教会、第3・4回はYMCA会館での開催でしたが、前回の第5回からは太閤園に変更となっています。

大阪キリスト教学校フェア、今年はどのような動員になりますでしょうか。

 

 

京都橘中高 高校Bコースを「Eコース」へ刷新

2015年5月19日 火曜日

京都橘中高の塾対象説明会に行って参りました。

2022年に学園創立120周年を迎えるにあたり、2年前から中・長期計画となる学園全体の「マスタープラン」について検討を重ねられ、昨年10月に完成されたようです。

思い返すと、京都橘はこの10年強の間(大学も含めた)学園全体で改革を推し進められ、2004年は3000名台だった在籍生数が2013年には4700名を超えるなど、1.5倍の成長を見せております。この10年を「改革と発展の10年」と位置付けられており、それに次ぐ「成長と充実の10年」ということで、この度のマスタープランを策定されています。

中高としては、進学実績の面で(独自の指標において)京都・滋賀・大阪・京都でトップ50に入ることを目標とされています。ちなみに、現在は88番であるとのことです。特に中学においては東京阪神・医医をはじめとする国公立や難関大の合格で20%を目指す、というのが具体的な目標となっています。

その学園全体のマスタープランと、中教審の答申を受け、高校のBコースをリニューアルし、名称もEコースとされることになります。

Bコースの良さを継承しつつも、「英語力向上プログラム」を同コース全員に受講させ、「話す」を含めた4技能を伸ばすことで、英語が苦手な生徒も得意な生徒も実力に応じた学習内容を受講可能とする、というものが用意されます。

大学合格実績についてご紹介します。

今春は国公立大合格者数が34名。昨年38名・一昨年32名と推移してきています。医学部医学科に3名、薬学部といった医系や、獣医学部にも合格が出ているのが今年度結果における大きな特徴です。

また、近年レベルアップが目覚ましい京都橘大との連携を強化し、この高3生から推薦枠が20名増えた75名となるそうです。条件も緩和されるそうなのでより身近な大学として進学されることになるのではないか、と思います。

そして、中学の1期生は現在高3生となっており、成果に注目が集まるところです。

2015年度入試結果についてです。

中学入試では、志願者数34名減も入学者数は昨年56名⇒今年57名と昨年水準を維持されています。入学者が多い地域は伏見区(23名)・宇治市(15名)で、両方合わせて入学者の2/3を占めているなど、地元密着型となっています。

特奨生としての入学者数は14名になり、過去最多となったそうです。

今春よりVP入試という自己推薦型入試を実施開始されています。専願、募集定員の1割程度が枠として設定されていますが、今春に関しては4名が事前申請⇒全員資格付与・全員合格となっています。当日実施された作文は「将来の私の夢」に関して50分で800字書くというものだったようです。

併願先については同志社と奈良女子大学附属が増え、洛北・西京が減ったとのことでした。

高校入試についてです。

志願者数は1243名で、前年から減少しています。2012年度入試では1974名もの志願であったことを考えると、人気は落ち着いているようです。

また、入試問題もやや難化し、特に国公立特進(S)のラインが昨年345点⇒今年320点と下がっています。ただ、同コース合格者数は222名/510名(昨年216名/544名)と、多目に出されています。

そんなこともあり、最終的な入学者数は前年216名から今年243名へと増加しています。そのうち、特奨生候補は約150名となっています。

総合進学(A)の入学者146名中、約80%となる114名が推薦あるいはクラブ推薦での入学となっています。クラブに対する期待がこの数値に表れているのではないか、と思います。

高校入試における併願先としては、専門学科では城南菱創の1位についで嵯峨野(こすもす)が続き、普通科は南陽が2位の菟道に約1.7倍もの差をつけて最も多くなっています。

2016年度入試に向けた情報です。

中学入試ですが、入試日程は今春と同じ位置取りとし、初日午前・午後、2日目午後となる予定です。

高校入試については、BコースがEコースに名称変更となる点は確定しています。

 

関連記事:
京都橘中高 中高とも着実に受験者のレベルがアップ

 

 

兵庫女子教育セッション2015 5/31日 開催

2015年5月12日 火曜日

兵庫県下の女子校13校が同一会場に集まり、ブース形式の個別相談会を実施する「兵庫女子教育セッション2015」が開催されます。詳しくは以下の通りです(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。


兵庫女子教育セッション 2015

日時:2015年5月31日(日)10:30~15:30(10:00受付開始)
場所:芦屋ラポルテホール
内容:各学校の担当者による個別相談、参加各校による10分間のPRタイム
講演会(10:30~11:30)


このイベントは2013年までは「阪神地区中高一貫校 女子教育セッション」と名乗られておりましたが、昨年度よりあらたに愛徳学園中高、神戸海星女子学院中高、神戸女学院中高の3校が加わり、開始初年度の7校から倍の数となる14校が参加するなど、さらに規模が大きくなっていました。今年も13校の参加となっており、規模の大きさを維持されています。

また、2013年は西宮ガーデンズにて、昨年2014年は甲南大学西宮キャンパス CUBEにて、と西宮北口周辺で開催をされていましたが、今年は芦屋に場所を移しての開催となり、合わせて個別相談ブースだけだった催しも、「参加校による10分のPRタイム」「講演会」も追加となるなど、催しの中身についても魅力あるものとなっています。

開催日についても、これまで(一昨年まで)は平日の開催が多かったところ、昨年・今年は日曜日の開催とされています。また、昨年までは7月の開催でしたが、今年は5月の開催となるなど、大幅な前倒し開催となっているのも注目です。

過去からの参加校数ですが・・・

2009年 7校
2010年 10校
2011年 9校
2012年 11校
2013年 11校
2014年 14校
2015年 13校

となっています。

 

 

明星高 難関大合格実績が大きく飛躍!

2015年5月11日 月曜日

大阪府内ではすっかり減ってしまった男子校ですが、その一角である明星中高から「大学合格実績が大きく伸びた」とのお知らせがありましたので、ご紹介します。

国公立及び準大学の医学部医学科を含む難関大の合格実績について、今年度の数および過去からの推移について以下にまとめました(画像をクリックすると拡大します)。

まずなんといっても、棒グラフの伸びが一番最初に目に飛び込んできます。

昨年と比べて、京都大合格者数が2倍となる14名、国公準大の医学部医学科も昨年11名から16名となり、約1.5倍の伸びとなりました。

棒グラフの左隣には6カ年生と3カ年生に分けた合格者数が掲載されています。京都大は合格者全員が中学入試での入学者となっているなど、やはり中学からの入学者が強いことが分かりますものの、国公準大の合計を見ると6カ年生:3カ年生は大体4:1となっていますが、東大合格者3名のうち1名は高校からの入学生であり、高校からの入学生も大健闘していることがわかります。

特に中学入試は「大学合格実績」が翌年の志願動向に大きな影響を与えることから、今年のこの合格実績は明星中の人気上昇を予感させるものとなります。

 

 

京都私立中学校フェア 当日の様子

2015年5月8日 金曜日

こちらのエントリー「京都私立中学校フェア 2015/4/26日 開催」でご紹介をしました、京都の私立中学校24校が一堂に参加をする「京都私立中学校フェア」に顔を出してきました。

お邪魔をしたのは15時過ぎで、大きな混雑も無く落ち着いた状況でした。聞くところによりますと、午前中などは大変な混雑となっている学校・ブースがあったなど、盛況だったようです。

この勢いがそのまま志願に結びつくことを祈ってやみません。

 

 

大阪私立女子中学校フェア2015 当日の様子

2015年5月7日 木曜日

こちらのエントリー「もうおなじみ 大阪私立女子中学校フェア2015 開催」でご紹介をしました、大阪私立女子中学校フェアが2015年4月26日(日)に無事終了しました。

当日は大変多くの女子小学生・その保護者(と塾関係者)がご来場になっており、例年通りの「大盛況」となりました。

当日の様子は次の写真の通りです。

各校とも、生徒・保護者と学校の先生がお話を進めることが出来る「ブース相談コーナー」に加え、各校の先生や在校生の皆さんと一緒に英会話や手芸などを行う「交流コーナー」も用意されていました。また、別会場では「学校紹介パフォーマンス」も行われていました。

まずは第一関門である「とにかく女子中のことに触れてもらう」ということに関しては、出来過ぎなぐらいの結果となりました。今回多く集めることが出来た受験生・保護者に対して女子中各校がしっかりとしたアピールが出来ていれば、来春の受験者増につながることでしょう。期待したいところです。

 

関連記事:
もうおなじみ 大阪私立女子中学校フェア2015 開催