追手門学院中高 様々な取り組みで生徒をサポート&2019年春から新校地に移転

2016年9月13日 火曜日

追手門学院中高の塾対象説明会に、お邪魔してまいりました。
春の説明会は、こちらのエントリー(追手門学院中高の学校説明会に行って来ました。)でご紹介しています。

学院が創設されて128年目の同校。「独立自彊・社会有為」という教育理念に基づき、こども園や幼稚園から大学まで有する、歴史ある総合学園となっています。時代の変化に応じた教育として、社会に求められている力の育成を行うべく、様々な取り組みを行われています。

追手門学院中では「新追中宣言!」を掲げ、「生徒のための教育ベスト1!」を合言葉に取り組まれています。特進Sコース・特選SSコースそれぞれで、生徒一人ひとりにきめ細かく学習指導を行うことを心掛けているとのことで、中学入学時に比べ高1夏段階での模試偏差値が最大24.4ポイントも上昇している生徒の例を挙げられていました。またユネスコ国際教育を行っている同校では、英語で独自のプログラムである「Power English」を導入していて、「英語を英語のまま習得すること」を目標に、すべて英語で行う授業やオンラインを利用した英会話の講座、海外への修学旅行や中長期の留学制度など様々な研修プログラムを用意されています。結果として、特選SSコースでは英検3級を中2で91.4%、中3では100%が取得(全国平均18.4%)し、準2級を中3で65.2%が取得するなど高い成果として表れています。

追手門学院高は、国公立大や難関私立大への進学を目指すコースからスポーツコースや表現コミュニケーションコースなど、多様な学びに対応できる環境を整えられています。生徒それぞれの進路設定・進路実現のため、定期的に丁寧な個人面談が設けられ、それに加えOB/OGを迎えた講演会や生徒自身の将来についての志を発表するプログラムなど、しっかりとサポートされているとのことです。また追手門学院大学への特別な内部推薦が用意されていて、高校の在籍コースにもよりますが、追手門学院大学へ専願で進学を希望する生徒は、評定平均値の基準を設けずに進学することも可能とのこと(自己推薦文や面接などの査定)で、安心の進路保証が用意されています。

今年度入試に向けてのイベントについてです。

中学入試で、プレテストが10月22日(土)と11月19日(土)の2回で実施されます。テスト科目は、国語と算数の2科目となります。受験の申し込みは、「申込書(以下に添付しています)」をFAXで送付する形式になっています。同校の入試にある「特待生制度」を利用するには、プレテストの受験が必要となります。受験希望の生徒さんはもちろんですが、力試しの気持ちで受験されてみるのも良いのではないでしょうか。

最後になりましたが、同校は2019年4月から新しい校地へ移転する予定になっています。場所は、2018年春開業予定のJR京都線・総持寺駅(仮称)や阪急京都線・総持寺駅から徒歩圏内とのことで、現在にくらべアクセスが格段に向上することとなります。2017年入試を受験した生徒が、それぞれ中3生・高3生となる年から新校地での開学となりますので、受験を検討されている方はこのあたりも念頭に置いて通学後のイメージを浮かべられると良いかと思います。

以上、追手門学院中高の塾対象説明会についてでした。

なお、今回説明会にお邪魔しました追手門学院中高も「開成進学フェア2016」に参加されます(9/22・大阪会場)。学校の先生方に、直接お話を聞くことができるチャンスですので、是非こちらにも足をお運びください。
特設HPはこちらから⇒(http://www.kaisei-group.co.jp/sc/kaiseifair/

 

 

いよいよ!! 開成進学フェア2016 滋賀会場 9/18(日)開催‼

2016年9月12日 月曜日

開成進学フェア2016 滋賀会場の開催がいよいよ9月18日(日)に迫ってまいりました。

今回も、滋賀会場の開催日や会場などについて以下のとおりご紹介したいと思います(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

開成進学フェア2016 滋賀会場

日時:2016年9月18日(日)10~16時(イベントによって時間は異なります)
場所:ピアザ淡海(滋賀県大津市におの浜1-1-20・JR膳所駅より徒歩12分、京阪石場駅より徒歩5分)
内容:
・私立高校進学説明会
・京都公立高校個別説明会
・高校入試分析会(京都・滋賀)
・滋賀公立高校・先輩に聞いてみよう!
・笑ってタメになる!サイエンスショー
・開成親学(おやがく)セミナー
・開成NET体験コーナー
・Kaisei Autumn Music Fair
・ザ・開成大抽選会

ブースによる個別相談が可能な「進学説明会」ですが、滋賀会場に関しましては「京都・滋賀の主要私立高校」に加えまして、「京都府内の主要公立高校」にもブースでご対応頂けることになっています。また、京都府・滋賀県それぞれの地域に合わせた内容とした「高校入試分析会」も開催しております。
※滋賀県高校入試分析会はお申し込み多数のため満席となっており、申込受付終了とさせていただいております。

他にも、各地で大好評の、子育てにお悩みの保護者の皆さんすべてにお贈りする「開成親学(おやがく)セミナー」も開催。加えて、今年から「滋賀公立高校・先輩に聞いてみよう!」「Kaisei Autumn Music Fair」「笑ってタメになる!サイエンスショー」を実施いたします。
※開成親学(おやがく)セミナーはお申し込み多数のため満席となっており、申込受付終了とさせていただいております。

ぜひ、開成進学フェア2016 滋賀会場へお越しください。
特設HPはこちらから⇒(http://www.kaisei-group.co.jp/sc/kaiseifair/

 

 

帝塚山中学校・高等学校にお邪魔してきました(学習環境編)

2016年9月8日 木曜日

前回(帝塚山中学校・高等学校にお邪魔してきました(「男女併学」編))に続きこの学校の学習環境についてです。まず、グラウンド、この広大なグラウンドに加えて、野球など部活動用のグラウンドも近所にあります。駅前なのにこれほど広い校地が取れている学校はほかにはないと思います。また、プールは屋内プールです。夏の「臨海学舎」の遠泳に備えて体育以外の先生も総出でみんなが泳げるように指導されているそうです。

理科系の実験室がなんと7つも。この学校では理科の先生に加えて実験助手が3、4名いらっしゃるらしく、実験に力を入れています。何と年間に1000件以上の実験を行っているそうです。生徒一人あたりでは全体の授業の3分の1ほど(つまり週1~2回)が実験なのだそうです。生物でも解剖など本格的な実験が行われており、大学の医学部医学科の合格人数117名(関西で9位)を誇るだけのことはあります。屋上には天文台もあります。
また家庭科室では女子はもちろん男子も裁縫や調理の実習を行います。試食をするためのテーブルまで用意されています。
本格的な和室があります。茶道部が使うための茶室も本格的です。ここで、作法の授業も行われるのだそうです。

ずらりと並んだ自習ブース。なんと夜8時まで使えます。もちろん最後には先生が玄関(つまり駅の目の前)まで生徒を誘導してくださるのだそうです。


5万冊の蔵書を誇る開架式の図書館です。最新の本が常に供給されています。隣の「帝塚山大学」の図書館の本を取り寄せることも可能だそうです。


このランゲージセンターは英語のリスニングとスピーキングを養成する施設です。パソコンがずらりと並んだ部屋なのですが、そのパソコンにはカメラが付いています。つまり発音の口の形まで指導できるわけです。ちなみにネイティブの先生は6名いらっしゃるのだそうです。

音楽室は3つ!同時に3部屋で授業が行われています。そして、この中学校ではなんと女子は全員バイオリンが必修なのだそうです。
学習・スポーツ・情操面の全てを伸ばす抜群の教育環境を備えた素晴らしい学校であるとの印象を受けました。

 

帝塚山中学校・高等学校にお邪魔してきました(「男女併学」編)

2016年9月7日 水曜日

奈良県学園前の帝塚山中学校・高等学校は学校法人「帝塚山学園」が運営する学校です。大阪の「帝塚山学院」という女子校と名称が似ていますが、実はルーツは同じで、75年前にこちらは男子校としてスタートした学校なのだそうです。今では大体男女比は1:2ですが、今の中1で男子4クラス、女子6クラスという人数バランスです。学園前の駅を降りると専用歩道橋を渡って1分ほどで学校に到着です。

この学校の特徴は、「男女併学」。同じ校地ではありますが、男女は別々の教室で学びます。ホームルーム教室も分けて配置され、授業の合間も男女が混じることが無いようになっています。

まず、中1の授業を見せていただきました。こちらは女子の教室です。プロジェクターを使った理科の授業ですが、後ろの生徒まで身を乗り出すようにして授業に集中しています。私たち見学者を全く気にすることもありません。

こちらのクラスでは数学の授業です。中2で学習する連立方程式の文章題を早くも扱っていますが、先生の説明がスムーズなので、難しそうに見えないところが不思議です。無駄な板書を省いた効率的な授業に生徒たちも集中しています。

次に中1男子の授業です。男の子たちも、楽しそうに授業を受けています。数学の授業では女子のクラスと同じ連立方程式の文章題を行っていますが、板書の違いを見て気が付きました。この年代の男子は活動量も多く、ノートをとるときもあまり手間をかけようとしないものですが、それを補うためでしょうか黒板の説明は女子に比べてこちらのほうが丁寧です。


世界地理の授業は東南アジアの宗教についての解説ですが、すでに高校内容です。宗教史に入り込んでいます。このようにより詳しい内容から教科に対する興味を引き出そうとする、男の子受けしそうな授業でした。この年齢の男女の特性の違いを見越して、男女を別クラスで授業しようと考えたこの学校の教育は、実に合理的だと実感しました。

 

授業では分けられていた男女ですが、放課後の部活や生徒会活動、学校行事は男女が一緒です。もちろん種目によって男子のみや女子のみの部活もありますが、文化部の多くは男女が混じって活動しているそうです。(続く)

 

 

立命館守山中学校・高等学校 創立10周年記念式典に行ってきました

2016年9月5日 月曜日

9月3日(土)立命館守山中学校・高等学校の創立10周年記念式典が挙行されました。

場所は滋賀県立芸術劇場「びわこホール」の大ホール、1,800人以上が収容できる立派なホールです。

立命館守山中学校・高等学校 創立10周年記念式典 

全校生徒と来賓や保護者などでほぼ満席になっていました。

 

最初に「学園歌斉唱」。吹奏楽部の伴奏ですとアナウンスされましたが、舞台の上は御覧の通り。どこにいるのかといえば、実は舞台の後方の暗闇の中にすでに整列しており、照明が当たると浮かび上がるという、普通のホールの4倍の広さの舞台を持つびわこホールを生かした憎い演出です。

 

このスクリーンには後方のカメラで撮影された演者の画像もアップで映し出される仕掛けです。この規模のホールには必要なのだなと思って見ていましたが、学園代表のあいさつのあと、守山市長や近江鉄道社長などの祝辞があり、続いて校長先生のお話です。その中で、台湾高雄市の協定校からの言葉もいただきますとあり、画面が台湾の中学校に切り替わります。実はこの画像はホールの中のためではなく、海外にもライブで配信されていたようです。英語での応答が続きます。続いて今ニュージーランド、アルバニースクールで研修中の中3生に映像が切り替わります。将来の夢を校長先生に聞かれ、流暢な英語で答える姿には、会場からも驚きの声が漏れます。この映像の使い方も、世界とつながっていることを実感させるものだと思います。

 

JAXAの川口淳一郎氏による記念講演の後、来年から変わる制服の紹介です。まるでファッションショーのように在校生がモデルとなって、中・高、男・女、夏・冬、の8種類の制服を着た8人の生徒が場内を、時折ポーズを取りながら歩きます。生徒たちも初めて見るのでしょうか、大盛り上がりです。

 

そのあと吹奏楽部とバトントワリング部の講演があり、そのあとピーススタディー(平和学習)についての発表が行われました。最後に中3女子、高3男子による「立命館守山10周年宣言」で締めくくられました。

 

創立してから10年という節目に、これだけ充実した学校に成長しましたと内外にアピールする素晴らしい式典だったと思います。今回参加した生徒たちも、学校に対する愛情や信頼をさらに強めたことでしょう。

 

 

中学受験にも英検等の民間試験利用広がる

2016年9月2日 金曜日

9月1日の新聞などで2020年から始まる、大学入試センター試験に代わる新テスト(大学入学希望者学力評価テスト)に英検やTOEFLのような民間試験をそのスコアの一部として認定する方向であることが報道されました。実際、すでに千葉大学や神戸大学といった国公立大学、青山学院、立教、法政、立命館、関西学院といった難関私立大学ではすでに出願資格やみなし得点(センター利用の場合の英語の点数を資格によって満点にみなすなどの方法)で利用されていますが、実質この方法が新テストを利用するすべての大学に適用されるようになるというわけです。

大阪府の公立高校でも英検準1級なら満点換算など、高校入試にも次第に取り入れられてきています。

さらに、近畿圏の中学校入試においても英検等の民間試験の活用が広がってきました。これまでは中学入試では帰国子女枠など特殊な例を除いて英語力を問う入試は少なく、したがって本格的に中学入試の準備に入る4年生、5年生になると、それまで習っていた英語をやめてしまう例が多かったのですが、これからはそれまでに得た英語力も武器になるというわけです。近畿圏の状況をまとめてみました。

現時点での情報ですが、近畿圏で12校が英検等の利用を表明しています。詳細な加点方式や条件については各中学校の入試概要をご確認ください。

(9月29日追記 :「常翔学園中学校」の方法の記述が誤っていました。加点ではなく、みなし得点となります。お詫びして訂正いたします。)


【開成教育セミナー】英検3・4突破ゼミ

 

 

 

平安女学院中高 入試へ向けた各種イベントが開催されます

2016年9月1日 木曜日

平安女学院中高の塾対象説明会に、参加してまいりました。
春の説明会(こちらのエントリー「平安女学院中高 学校の特徴を活かした取り組みと高い人気のRSコース」でご紹介しています)は本校での開催でありましたが、現在耐震工事中ということもあってか、京都市大学のまち交流センター(キャンパスプラザ京都)にて行われました。

京都御苑の近くに位置し、市内でも指折りの好立地である同校。その恵まれた環境の中で、キリスト教学校としての使命や建学時から女子教育・英語教育に力を入れておられます。創立142年で社会に輩出したOGは24,874名とのことで、多彩な分野で活躍されていると副校長先生のお話にありました。

今年度入試に向けてのイベントについてです。

中学入試では、プレテストが11月3日(木・祝)と11月19日(土)の2回実施されます。テスト科目は、2科型は国語と算数、3科型は国語と算数と英語となります。受験の申し込みは、FAXまたはWEBからとなっています。同校の入試区分にある「自己推薦入試」の出願資格を補う材料ともなるそうです。また、同校の入試では受験科目に英語を選択することが可能です。本番の入試問題傾向を感じることができますので、受験希望の生徒さんは受験されるほうが良いでしょう。

高校入試についても、オープンスクールなどの各種イベントが10月以降に多数実施されます。本校以外での場所でも開催されますので、受験予定のみなさんは事前にしっかり確認しておきましょう。キリスト教学校の同校らしい行事としましては、クリスマス行事見学会がカトリック河原町教会で行われます。本校とはまた一味違った雰囲気を感じることができそうです。

以下は、同校のイベントがまとまったリーフレットになります。お時間の合うイベントがあるようでしたら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、平安女学院中高の塾対象説明会についてでした。

なお、今回説明会にお邪魔しました平安女学院中高も「開成進学フェア」に参加されます(9/18・滋賀会場、9/22・大阪会場)。学校の先生方に、直接お話を聞くことができるチャンスですので、是非こちらにも足をお運びください。
特設HPはこちらから⇒(http://www.kaisei-group.co.jp/sc/kaiseifair/

 

 

近畿圏 中学入試 プレテスト情報(9月)

2016年8月31日 水曜日

近畿圏の私立中学には、「プレテスト」と呼ばれる中学校ごとのテスト会が開催されるところがあります。実際に受験予定の中学校で、その中学校の先生の作るテスト問題を解くというイベントです。中にはそのあとで解説を行ってくれる学校もあります。1月の中学入試の前に、本番さながらの環境と問題に触れることができるのは、受験生にとって大きなメリットだと思われます。

今回は9月に行われます中学校を紹介します。

9月3日(土) 建国中学校 和歌山信愛中学校
9月10日(土) 初芝橋本中学校

9月は大阪の1校と和歌山の2校です。10月にはもっと多くの中学校がプレテストを実施します。プレテストを受験したからといって必ずその中学の入試を受けなければいけないわけでもないので、力試しや学校見学も兼ねて、実際にその中学校の先生と触れ合う機会を作ってみるのはいかがでしょうか。

中学入試をお考えの皆さんは各中学校のホームページなどで日時などの実施要項や申込方法など詳細についてを確認しておきましょう。

 

 

開成進学フェア 申し込み状況(8月26日)

2016年8月26日 金曜日

以前お知らせした、毎年、開成教育グループが総力を結集して開催します「開成進学フェア」の申し込み状況です。

現時点で大阪会場の「開成親学(おやがく)セミナー」が締め切りになりました。公立高校の講演会も順次締め切りになっていくと思われますので、お早めにお申し込みください。

滋賀会場の「開成親学セミナー」はまだ余裕がございますが、このように人気の講演ですので、ご興味のある方はお早めにお願いします。

http://www.kaisei-group.co.jp/sc/kaiseifair/

****************************************

【開成進学フェア 滋賀会場】(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

開成進学フェア2016 滋賀会場

日時:2016年9月18日(日)10~16時(イベントによって時間は異なります)
場所:ピアザ淡海
(滋賀県大津市におの浜1-1-20・JR膳所駅より徒歩12分、京阪石場駅より徒歩5分)
内容:
●私立高校進学説明会
●京都公立高校個別説明会
●高校入試分析会(京都・滋賀)
●滋賀公立高校・先輩に聞いてみよう!
●笑ってタメになる!サイエンスショー
●開成親学(おやがく)セミナー
●開成NET体験コーナー
●ザ・開成大抽選会
●Kaisei Autumn Music Fair
●英俊社・赤本販売コーナー
など

昨年までの内容に加え、今年は「滋賀公立高校・先輩に聞いてみよう!」「Kaisei Autumn Music Fair」「笑ってタメになる!サイエンスショー」を新たに実施することにしています。

****************************************

【開成進学フェア 大阪会場】(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

開成進学フェア2016 大阪会場

日時:2016年9月22日(木・祝)10~17時(但し、シリウス模試は9時30分より)
場所:マイドームおおさか
(大阪市中央区本町橋2-5・地下鉄堺筋本町・谷町四丁目駅より徒歩7分)
内容:
●私立中・高進学説明会
●高校入試分析会(大阪・兵庫)
●中学入試分析会
●公立高校・公立中高一貫校 教育講演会
●シリウス模試
●開成親学(おやがく)セミナー(締め切り)、
●ためしてハッケン!まなびステーション
●開成NET体験コーナー
●Kaisei Autumn Music Fair
●ザ・開成大抽選会
●英俊社・赤本販売コーナー
●コクヨ・体験コーナー
など

昨年より開成進学フェア大阪会場のラインナップに加わった「ためしてハッケン!まなびステーション」「KAISEI Autumn Music Fair」が、大好評につき更にグレードアップして実施することにしています。

http://www.kaisei-group.co.jp/sc/kaiseifair/)お申し込みがまだの方はこちらからお願いします。

 

高校総体結果(近畿圏 団体)

2016年8月19日 金曜日

 

今年はオリンピック開催と全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の日程が重なっていて、連日スポーツのニュースが報道されていますが、野球部以外のスポーツも、「高校総体」(インターハイ)で戦いの火花を散らしています。今年は中国地方の各県に分かれて競技が開かれています。水泳や水球などまだ行われていない競技もありますが、全国レベルで上位に入賞した関西の高校を見てみましょう。

個人戦よりも選手層の厚さを知る指標となる団体の成績を抜粋しています。

 

◆清風高校、全国大会で上位に入る競技がこんなに・・・。陸上、体操、バレーボール、ヨット・・・。大阪トップレベルの進学校としても有名なこの学校、特技を持った生徒のためのコースもありますが、この実績は普通科は思えないレベルと幅の広さです。部活を通して集中力や持久力、判断力を身に着けているのでしょうか。因みにヨット部は世界大会にも出場しています。

◆四天王寺高校、これまた大阪を代表する女子進学校ですが、体操5位、卓球は優勝と立派な成績を残しています。この学校にもスポーツ・芸術コースがあります。今回の戦績は理数・英数コースの生徒の大学進学実績(現役で京大19、阪大21、・・・)を超える成果だといえるでしょう。

◆金蘭会高校、近畿大会では優勝したバレーボール、今回は惜しくも準優勝でした。新体操も堂々の3位。立派な戦績です。素晴らしい環境と指導者にも恵まれているのでしょう。これらの競技に興味がある中学生は一度、オープンスクールに行ってみては如何でしょう。

◆浪速高校、以前ここでも紹介した日本文化を重視している高校ですが、空手は圧倒的な強さです。個人での戦績も素晴らしいものです。

◆甲南女子高校、弓道部も全国大会に出場していましたが、アーチェリーはなんと優勝です。このように集中力が必要な種目が強い学校というのも珍しいです。精神力が違うのでしょうか。ここも進学校として有名ですが高校からの募集は実質ありませんので、この学校に興味がある人は中学入試を考えてください。

◆東山高校、生徒の大半が理系という京都の落ち着いたお寺と緑に囲まれた男子進学校です。そのイメージと真逆の(?)バスケットで準優勝ということで、その落差に驚きました。切り替えが上手なのでしょうか。

◆華頂女子高校、こちらも仏教系の学校で、教育・保育への針路を希望する女子教育に定評がありますが、空手で3位。これも学校のイメージと違うと思う方もいるかと思いますが、女子校の女子は勇ましいものです。系列には華頂女子大学と仏教大学があります。

◆香ヶ丘リベルテ、ダンスも全国レベルのこの学校、今回はソフトボールで準優勝です。ともかく生徒たちが元気なこの学校、以前授業見学に行った時、授業中も生徒たちが積極的だったのが印象に残っています。

 

少林寺拳法、女子の1位、2位とも大阪(大阪高校と大阪産業大学附属)、陸上の学校対抗も男子(清風)、女子(東大阪敬愛)ともに大阪が独占と、全国を圧倒する競技もあります。

今回は紙面の都合で紹介できませんでしたが、個人でも素晴らしい戦績を上げた関西の高校生たちが居ました。

もうすぐ夏休みも終わりますが、このように全国の舞台で戦っている高校生たちは、メダルや賞状だけでなく、さまざまな能力を、楽しい思い出や感謝の気持ちと共に手に入れていることでしょう。