立命館附属中高合同説明会 5月10日に開催

2014年4月30日 水曜日

こちらのエントリー「立命館附属小中 合同説明会を開催」と「立命館附属校合同説明会 当日の様子」でご紹介をした、3月末に西宮で開催された立命館附属校が集まっての説明会に続き、5月にはJR京都駅前にて附属校が集まるイベントが開催されます。

3月開催のものは附属校の中でも「小学校と3中学」が集まったものでしたが、今回は「3つの中学と3つの高校」が集まるイベントとなっています。

以下、詳細です(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

立命館附属中高 学校説明会・相談会

日程:2014年5月10日(土)
場所:京都市勧業館みやこめっせ
内容・時間:
中学の部 学校説明会 10:00~11:30(要予約)
高校の部 学校説明会 13:00~14:30(要予約)
個別相談会 10:00~16:00(予約不要・随時相談可)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

中高それぞれ別の時間を設けて、学校説明をされることになっています。こちらについては申し込みが必要なので、ご参加を希望される方はお早めにお申し込み下さい。お申し込みは、各校HPから専用フォームで出来る様になっています。

5月10日(土)は立命館Day!

神奈川私立中学相談会 4月29日(火祝)に開催

2014年4月28日 月曜日

明日2014年4月29日(火祝)に、県内61校の私立中学が参加する一大イベント「神奈川私立中学相談会」がパシフィコ横浜にて開催されます。

以下、詳細です(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
神奈川私立中学相談会

日時:2014年4月29日(火祝)10:00~16:00
場所:パシフィコ横浜
内容:10分間スピーチリレー、小学生のための体験コーナー、ステージイベント、体験コーナー など
※入場無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「10分間スピーチリレー」は、各校が10分間スピーチを交代で行うもので、限られた時間に収まるよう自校の良さを凝縮してお伝えするものとなっています。

「小学生のための体験コーナー」は28授業が設けられており、整理券を求めて多くの小学生が毎年並ぶようです。今回も各校がバラエティに富んだ内容で小学生の皆さんをお待ちしています。

10分間スピーチの順番や体験コーナーの内容など、詳しくは神奈川県私立中学高等学校協会のホームページで紹介されています。

他にも、ステージイベントとして紺野美沙子氏(女優)による講演会、中学の校長によるパネルディスカッション、生徒による発表、各校ブースでの相談も行われることになっています。

私立中学校入試結果報告セミナー 4月25日(金)開催

2014年4月24日 木曜日

毎年4月下旬に西宮で実施されます、「私立中学校入試結果報告セミナー」ですが、今年も開催されることが発表されました。早速ご紹介いたします(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

私立中学校 入試結果報告セミナー

日時:2014年4月25日(金)10時半~14時半
場所:西宮市フレンテホール(JR西宮駅南側すぐ)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

地元である兵庫県の学校が多く参加されているのはもちろんですが、遠くは奈良県・京都府の学校、それもどこも人気・有力校ばかりが参加されているのがポイントです。昨年から参加されている洛星中は今年も引き続きご参加されています。

注目点は、神戸女学院中の参加ではないでしょうか。ブースでの参加だけでなく、ミニ講演会でもお話をされることになっています。

今回のこのセミナーですが、各校の教育内容や入試結果などについてコンパクトに知ることが出来る「ミニ講演会」も魅力です。

開成教育グループ 入試対策課はここ数年、毎年お邪魔させていただいていますが、このミニ講演会で思いもよらない「ウラ情報」や新年度入試に向けてまだ発表されていないネタなどが聞けるなど、たいへんありがたい会となっています。

今年はどんな爆弾情報が飛び出すでしょうか、今から楽しみです。

日経キッズプラス 取材協力した記事が掲載されました

2014年4月22日 火曜日

日経BP社が発行している「日経キッズプラス」という雑誌の、以下画像が表紙の最新号で、開成教育グループ 入試対策課が取材協力をした記事が掲載されました。

取材を協力した記事は、「関西の中学受験で拡大中 プレテストってなんだ?」というタイトルの、4ページからなるもので、記事の中のあちこちで「開成教育セミナー」という名前が出てきています。

元々は、インターネット上で公開されている「日本経済新聞 電子版」の記事として取材協力し、すでに昨年秋に公開をされた記事だったのですが、「記事が大変好評で、読者様からの反響もあったため(取材をご担当された方のお話)」とのことで、今回系列出版社である日経BP社の雑誌「日経キッズプラス」に再掲載頂くこととなった、というのが掲載の経緯です。

今回は誌面の都合で「日本経済新聞 電子版」で掲載されている記事から原稿量が削られておりますが、基本的な内容は全く同じものです。

今回の取材協力でお話差し上げた内容が、読者の皆さんのお役に立てば幸いです。

大阪私立女子中学校フェア2014 開催

2014年4月21日 月曜日

大阪府下全16の私立女子中学校が一堂に集まるイベント、「大阪私立女子中学校フェア2014」が開催されます。

詳細は以下の通りです(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大阪私立女子中学校フェア2014

日時:2014年4月29日(火祝) 10:00~14:00
場所:大阪新阪急ホテル
対象:小学生及び保護者の皆さま
内容:生徒たちによるパフォーマンス、相談コーナー、生徒たちによる学校紹介、交流コーナー、女子中全16校グッズ詰め合わせプレゼント(先着200名)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この、大阪の私立女子校16校が一堂に会し各学校の情報が一度に得ることが出来る貴重な機会である同イベントは、昨年は4月と6月に開催されました。しかし、今年はこの4月1回のみの開催とし、6月の実施予定はないとのことです。

その分、毎年6月に実施していた「生徒たちによるパフォーマンス」もこの4月で実施することとし、昨年以上に4月開催回の充実を目指されています。

もう「恒例」となった一大イベントですが、今年は一つのターニングポイントとなっています。女子受験生並びにその保護者の皆さまはぜひご参加ください。

初開催! 京都私立中学校フェア in メルパルク京都

2014年4月17日 木曜日

この度、京都府私立中学高等学校連合会が「京都私立中学校フェア」を開催されることとなりました。

以下、詳細です(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
京都私立中学校フェア in メルパルク京都

日時:2014年4月27日(日)9:00~12:00
場所:メルパルク京都
内容:個人相談(ブース形式)、ミニ説明会(各校30分)、資料コーナー

参加校:京都の私立中学校23校(学校名はチラシにてご確認下さい)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こういったイベントでは定番のブース形式の相談会は、9時の開場とともに開始となります。

そして、当日は各校30分程度のミニ説明会が実施されます。参加予定校は決まり次第、連合会のホームページで告知されるそうです。

京都の私立中学校23校が参加する、初めての私立中学校に特化したイベントとなっていますが、これを実施するにあたり、やはり洛北・西京・園部といった「公立中高一貫校」の存在が影響を与えていると思います。今春2014年度の効率中高一貫校3校の受験者数は1,317名となっており、定員240名ですから倍率としては5.49倍もの高倍率となっています。

京都の私立中各校にとってはこの受験者数・倍率が「脅威」となって久しい年数が経ちますが、小6児童数の減少に加えて中学受験率の低下が止まらない情勢となり、いよいよ看過できない状況になってきた結果、今回のイベント開催で攻勢に出る、というのが京都の中学受験を取り巻く情勢ではないでしょうか。

今回のイベントがどのような集客・評判となるのか、今から大変気になるところです。

京都女子中 5月・6月にオープンスクールを開催

2014年4月15日 火曜日

京都女子中が、5月と6月にオープンスクールを開催されます。

すでにHPやFAXでの参加申込が始まっています。参加ご希望の方は以下の画像をよくご覧頂き、急ぎお申込み下さい(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

京都女子中 オープンスクール

日時:2014年5月11日(日)・6月8日(日) 共に9:30~、14:00~
対象:小学5・6年の女子
内容:学校・コース説明、体験授業、施設見学、クラブ見学、個別相談
定員:200組(各回とも)
申込:京都女子中HPより、もしくは、添付のPDF内にある申込書式に必要事項を記入したものをFAX

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

体験授業については、各講座とも定員超過の場合はご希望に添えないこともあり得るようなので、出来るだけお早目のお申し込みをオススメします。

明星中・近畿大学附属中 塾内説明会を開催

2014年4月11日 金曜日

開成教育グループでは、受験希望の方はもちろんのこと、受験校決定の参考にとお考えの方を対象として、私立中学校にお邪魔をしての説明会開催を企画しました。

2014年4月には、次の2校の説明会を開催する運びとなりました。開成教育グループに在籍されていない一般の方々もご参加頂けます。ご参加ご希望の方は、下記の日時等をご確認の上、当塾HP内の申込フォーム(下記にリンクを貼っております)からお申込みください。

①明星中学校
日時:2014年4月26日(土) 13:00~14:30
場所:明星中学校
対象:小学4~6年生の生徒及びその保護者
内容:学校説明、校内見学

②近畿大学附属中学校
日時:2014年4月27日(日) 14:00~15:30
場所:近畿大学附属中学校
対象:小学4~6年生の生徒及びその保護者
内容:学校説明、校内見学

お申込み:こちら(https://www.kaisei-group.co.jp/entry_event/)から

なお、明星中学校・近畿大学附属中学校ともに、説明会終了後は学校・校舎見学会も実施いたします。是非この機会に足をお運び下さい。生徒の皆様のご参加も大歓迎です。

和歌山信愛中高 大学合格実績において開校以来の快挙

2014年4月9日 水曜日

和歌山県内唯一の私立女子校である和歌山信愛中高では、2014年度大学入試合格実績において「開校以来の快挙」が生まれたようなので、ご紹介を致します。なお、同校は当ブログでは初めてご紹介を致します。

今春の大学入試合格実績ですが、現役で国公立大医学部医学科に3名(和歌山県立医科大、山口大、香川大)が合格したのに加え、帯広畜産大の獣医学科にも1名合格を果たしているとのことです。

また、難関国公立大である旧帝大(名古屋大2、大阪大1、神戸大2、九州大1)やお茶の水女子大(1)といった所にも合格者を輩出されています。

これらも含め国公立大には今春79名の現役合格者を出し、実に卒業生252名の1/3を占めています。また、すべてのクラスから国公立大の合格者が出ている、とのことです。

同校では、随分前から学校改革に着手をされており、学校挙げての取り組みが結実したと言えるでしょう。

そんな和歌山信愛中高ですが、中学入試に向けたイベントとして早くも「信愛フェスタ」というオープンスクールを開催されます(画像をクリックするとPDF文書が開きます)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
和歌山信愛中 信愛フェスタ(2014年5月10日(土)・11日(日)実施)

日時:2014年5月10日(土)14:00~・11日(日)9:30~
内容:ガイダンス、各教科の体験授業、クラブ体験

※事前申込制(4月30日(水)締切、先着順)
※両日とも同じ内容なので、ご都合の良い日をお選びください
※体験授業は2つ選択可能
※お申込み等については、添付画像をクリックして現れるPDF文書でよくご確認ください

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

先ごろには新校舎も完成し、ハード面においても注目すべき点がある同校。そんな新校舎の見学も兼ねて、ぜひこの信愛フェスタにご参加ください。

同志社系列中高合同学校説明会 当日の様子

2014年4月4日 金曜日

こちらのエントリー「同志社系列中高 2015年度入試に向けて早くも始動」でご紹介をしました、西宮で開催された同志社系列中高 合同学校説明会にお邪魔をしてきました。

上の写真の通り、当日は同じ会場で午前に立命館附属校合同説明会が、午後にはこの同志社系列中高合同説明会がそれぞれ開催されるという、とても興味深いことになっていました。

上の写真のとおり、発表は同志社国際中高・同志社香里中高・同志社女子中高・同志社中高の順に行われました。

同志社国際中高は、「帰国生受け入れ専門校」として1980年に高校が開校したということで、同志社系列中高では一番の「後発」の学校です。上の写真にもありますように、帰国生が全体の2/3を占めています。そんなこともあって、中1で英検1級をとったり、中2でTOEFLが630点オーバーの生徒が2人いたりと、恐ろしくハイレベルな英語力を持つ生徒が在籍しています。

続いての同志社香里中高ですが、同志社大・同志社女子大へ内部進学する率が今回ご紹介する4校の中で最も高い95%ということで、来る内部進学に向けて中学段階から各種検定試験に取り組ませている、といったお話がありました。もちろんそれだけではなく、「確かな学力」「自ら考え、判断し、行動する力」を養成するための活動についてもお教え頂けました。

続く同志社女子中高ですが、系列4中高の中で「唯一の女子校」であるのと同時に、「唯一のコース制導入校」という、大変カラーがはっきりしている学校です。特に、外部国公立大学理系学部の合格を目指すWRコースは、土曜日も授業があり、長期休暇中もしっかりと特別講習が設けられているなど、かなりしっかりした進学指導が行われています。一方LAコースは同志社大・同志社女子大への内部進学を念頭に置きつつも、外部大学の受験も可能であり、理系のみとなるWRコースとは違って文系・理系の選択が可能になっているなど、WRコースより多様性を重んじておられます。

ラストにお話頂いた同志社中高ですが、特に「教科センター方式」という、近畿地区ではなじみが薄い形態を採用して教育を行われています。そんな特徴的な方式が支持を得ており、近畿地区でもちょっと遠方になる兵庫県や、こちらも通いにくいはずである愛知・岐阜といった所からも通学してくる生徒がいる、ということになっています。

今回の説明は各校とも「教育理念」「目標」「特色」といった、基本的な話が多く、西宮周辺の皆さんへの「ご挨拶」程度に留まっています。今回参加された受験生・保護者の皆さんはこれをきっかけにして、4つの系列校それぞれが開催する説明会等に足を運んで、もっと詳しい情報を得ていくことになると思います。