森ノ宮医療大 看護学科1期生は現在4回生

2014年6月5日 木曜日

森ノ宮医療大の高校・予備校対象説明会に行ってまいりました。

大学の概要です。

こちらの大学は2007年に開学され、今年で8年目を迎えておられます。開学時は理学療法学科と鍼灸学科の2学科でスタートし、4年前に看護学科が新設されました。看護学科は今春入学者を迎えたことで1~4回生すべてが揃いました。

3学科とも国家試験対策に注力されているのが大きな特徴です。特に看護学科を例にとると以下のような取り組み・支援があります。

1年次 基礎医学系科目(解剖生理学・生化学等)の学習サポート
2年次 低学年模試(年2回)⇒成績下位学生には特別講義
3年次 前期に模擬試験と解説講義
4年次 10回程度の模試と結果に基づいた特別講義、オフィスアワーを活用した個別学習サポート

以下、学習支援センターの取り組み

「ステップアップ講座」1・2年対象の苦手教科対策
「センターアシスタント制」4年次の模擬試験下位20%を対象にOB・OGによる指導
「国家試験対策委員会」国家試験対策グランドデザイン決定、模試の選定・実施・結果分析、分析結果に基づいた特別講義の実施、成績下位生に対する特別講義
「チューター制度」個別学習相談と指導、学習に対するモチベーション向上と維持

具体的な活動例
新学期に学年別の国家試験ガイダンス、チューターによる模試返却と指導、成績下位学生とその保護者を交えた三者面談、e-learningシステムを使用した国家試験対策

看護学科1期生は現在4回生なので、来年の今頃の看護師国家試験合格率が楽しみです。

今春の学科別進路決定状況は以下の通りとなっています。

鍼灸学科 就職70%・進学21%・その他9%
理学療法学科 就職98%・その他2%

1期生が現在4回生の看護学科の就職については、病院内の教育体制が整っているということで「7:1看護または300床以上の病院(医療機関)」への就職を重視しているとのことでした。

2014年度入試結果におけるトピックスとしては、看護学科は昨年志願者数が爆発的に増えた(前年比122%増)こともあり、特に一般入試で倍率が低下した、ということがあります。

2015年度入試に向けてです。

各教科とも入試問題作成に関してアドミッションセンターから各教科に見直しの要望が出ており、何らか変更される可能性があるので注意が必要です。以下、具体的にご説明頂いた内容を書きだします。

(続きを読む…)