大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


実りの秋

 みなさん、こんにちは。夏が終わり、秋がやってきました。まだまだ暑い日もありますが、周りの風景が次第に秋へと変わっていくことでしょう。
 秋といえば、皆さんはどんな印象を持つでしょう。「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」などいろいろありますが、最近、私は「実りの秋」が気に入っています。夏の間に成長した穀物が、いよいよ刈り入れの時期を迎えます。しかし、秋は収穫の時期である一方、台風の季節でもあります。「天高く馬肥ゆる秋」という故事があります。日本では、秋の豊かさを表す意味で使われますが、中国では、収穫した穀物を強奪しにくる異民族に気をつけよ、という意味を持っているそうです。日本はあまり外部からの侵入のない国であったため、一見違う意味になっていますが、その日本でも、台風のような自然からの脅威にさらされます。収穫をし、豊かさを手に入れる「実りの秋」といっても、外部からの侵入があったり、台風の被害を受けたり、様々な紆余曲折、困難を経て、実りは自分たちのものとなるのではないでしょうか。そして、そのような困難を乗り越えて実りを手に入れるからこそ、収穫の時期は楽しみがあり、喜びの時となっていると言えます。
 学ぶことも、収穫と同じ面があります。ようやく夏が過ぎました。皆さんは時間をどのように使ってきたでしょう。多くのことを吸収し、収穫という成果へと結びつけていくのが、今のこの秋という期間です。もちろん、まだ完全に実って熟しているわけではありません。困難に遭ってめげてしまいそうになることもあるでしょう。しかし、努力し吸収しようとした人には、その人の中に、確実に実りの根が息づいています。冬の受験という季節には、その根が確実に生きるように、この秋を利用し、自分自身をより豊かなものにしてください。

数学科 村上 豊


コメントは受け付けていません。