大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2015 年 9 月 のアーカイブ

季節の変化とともに

2015 年 9 月 21 日 月曜日

文化祭のピークも終わり、多くの高校2年生は、修学旅行のシーズンに突入、といったところでしょうか。
先日、あるクラスでの生徒のやり取りを聞いていると、修学旅行の部屋割りの話だったり、行き先の名産品の話だったり、パスポートが…、という声も聞こえてきました。
行き先はどこであれ、とにかく無事を祈るばかりです。

ところで、特に2年生のみなさん、何か大事なことをお忘れではないでしょうか。

そうです。定期テストが修学旅行の日程前後1週間にある高校が非常に多いのです。

まさか、修学旅行先に問題集を持って行かざるを得ない、とか、飛行機の中で英単語を覚える羽目になる、なんてことはないでしょうね。

修学旅行を終えて帰ってきたら、疲れが一気に押し寄せて、数日休養に充てる必要が出てくる人もいると思います。

ですから今、この一年でわずかしかない心地よい気温の日々を有効活用していただきたいのです。

3年生の中には、指定校推薦で合格が決まったという生徒も出てき始めました。
指定校推薦を狙っている2年生は、結果発表までもう1年もありません。

それぞれの季節には、それぞれの季節にあるべき姿があります。
やるべきことをしっかりやった人には、その結果がついてくるはずです。
忙しい毎日を過ごしている今こそ、自身のやるべきことをしっかりやってください。

開成ハイスクール英語科 濱田健太郎

 

 

発音しながら覚えること

2015 年 9 月 14 日 月曜日

やっと猛暑から今年も解放されました。
高校では文化祭のシーズンですね。
鶴橋教室は高津高校の生徒が多いのですが、
高津高校が先日記念祭(文化祭)を行いました。

そこで漫才大会があったのですが、
なんと鶴橋教室に通っているK・S君とK・T君のコンビが優勝したと、生徒から聞きました。
おめでとうございます!

普段からおもしろいことを言っている2人なのですが、彼らは英語が得意で模範的です。

英語はただ単に見て、書いて暗記しても、すぐ忘れますし、実質暗記できていない場合がほとんどです。

英語は言語なので、「発音すること」が非常に重要なのです。

声に出すことは、 予想以上に多くの行動を伴います。
細かい呼吸、細かい舌の動き、細かい口の開閉、リズム、音程など、
これらがすべて脳に記憶されます。
これだけ多くの動き・内容が記憶されるので、忘れにくくなるのは当然です。

彼らはよく実際に単語を覚えるときにも発音しています。
リズミカルにそしてユーモアたっぷりに。

みなさんも英単語を覚えるときは発音しながら覚えましょう!
そして、長文の復習の際にも必ず音読しましょう!

開成ハイスクール英語科 大道英毅

 

 

過去問ノススメ―過去問は大学から受験生へのメッセージ―

2015 年 9 月 7 日 月曜日

夏も終わり、私大受験生にとっては11月の公募推薦入試まで、もうあと2か月ほど、一般入試までも5ヵ月です。この時期になると、「何か良い問題集はありませんか」と聞かれることが多いのですが、こと英語の長文に限っては、いつも志望大学の過去問を勧めています。入試の問題はその大学から受験生への「うちの大学に合格したいのなら、こういった文章を読めるようになってね!」というメッセージだと考えるからです。語彙のレベル、英文の内容がまさにその大学が受験生に求めているものなのです。

●過去問の正しい使い方

腕試し的に過去問を解いて「~割は取れた」などといっている受験生を時折見かけますが、これは効果的な過去問の活用ではありません。効果的に過去問を活用するには、

① 毎日過去問を解く

② 過去3年分、最低12回分の試験問題をする。

③ 試験直前に今まで解いた過去問を再び解いて復習する。

この3つが大切です。

まず①についてですが、3日で1回分の試験問題が終わるように、大問を分けて、毎日試験時間の1/3の時間で問題を解きましょう。答え合わせの後、設問文・選択肢・本文の解答の根拠となった部分にある単語・熟語で知らなかったもの、読み違えていたものを調べてください。これで1時間程度はかかると思います。

②について、現在私立大学は年間で少なくとも4~6回は入試を実施しています。1年分でも4~6回分の試験問題があります。これを古い方から順に解いていくとよいでしょう。理由は、出題担当者は「この単語は注釈なしでよいのか」「2年前にこの文法を聞いたから、今度はその関連問題を」などと、自大学の過去の問題を見てから問題を作成するからです。問題を解き続けていると、似たような問題に出くわすことが多くなります。

③について、最後に2回目を実際の試験時間より短めで解いて、単語など忘れていることのチェックをしてください。

模試ではいつもE判定だったが受かった、という話をよく聞きます。私立大学では頻繁にあることなのです。その理由は過去問を完ぺきにマスターしたからなのです。さあ、入試まで過去問で追い込みを駆けましょう!

開成ハイスクール英語科 松本 泰雄