大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


この夏休みに大きく飛躍しよう!

 7月に入り、もうすぐ夏休み。今回は現役高校生がこの夏休みに大きく飛躍する為のアドバイスをします。

 

 高校1年生の皆さんは、『進路の方向性を考える』ことです。それには「自分が何に興味を抱き、どんな人生を歩んでいくのか…」を考えるのが第一歩。少し落ちついて考えられるこの夏休みに、自身の将来ビジョンを描き、進路の方向性だけは定めましょう。秋には高校の文理選択が迫られます。

 学習面において、1学期の間に苦手意識を感じるようになった科目は、その克服が求められます。容易なことではありませんが、基本問題からやり直してください。苦手科目が無くなれば、将来の進路の可能性が無限に広がります。開成ハイスクールの夏期授業では、2学期に向けた予習も確実に進めていきます。

 

 次に高校2年生の皆さんは、『大学のオープンキャンパスへ参加する』ことです。まだ現段階で、志望大学が決まっていない人もいるでしょう。そうした方は、地元大学や難関大学でも結構です。オープンキャンパス参加は、大学の雰囲気を肌身に感じ、入学後の自身のイメージを想像させてくれます。少なくとも2学期初めには、志望大学がはっきりと言えるようにしておきたいものです。

 学習面においては、これまでに学んだ単元の復習はもちろん、科目によっては2学期から受験勉強の基礎固めをしていくことになります。高校1年生同様、開成ハイスクールの夏期授業では、2学期に向けた予習も進めます。大学受験に向けて高校生活の折り返しを過ぎますから、日々の勉強習慣も必ず継続させていきましょう。

 

 最後に高校3年生の皆さんは、『2学期からの入試問題演習に備えて基礎固めを完成させる』ことです。その近道は間違いなく、塾の1学期授業内容の完全理解。あれこれ参考書、問題集と手を広げる前に、一番使用している塾の平常授業テキストの理解・定着度合を確認してみてください。

 また、8月実施のマーク模試でよりよい志望校判定を出すべく、意識的にモチベーションを高めながら勉強していくことも心掛けましょう。勉強方法で重要なのは科目間の勉強バランス。偏った科目のみの勉強にならないように注意してください。時間は限られていますから、学習スケジュールの計画・実行も余念なく。

 

 毎年、多くの高校生がひと夏を越えて大きく成長してくれます。今年も一人でも多くの生徒が私の想像以上の飛躍をしてくれるよう、陰ながら支えていきたいと思っています。

開成ハイスクール数学科 中澤 宏尚


コメントは受け付けていません。