大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


「学ぶ」

 こんにちは。

 今回は、「学ぶ」ということについて考えてみたいと思います。

私は、「学問」という言葉を、次のように解釈します。「学問」とは、「学ぶ」ことを「問う」ことである、と。「学ぶ」とは一体どういうことなのか、どんな意味を持つものなのか。それを問い続ける限りにおいて、「学問」は「学問」として何らかの意義を持ち続けるのではないでしょうか。学ぶことの意味・目的を、自分に、そして社会に問い続けない限り、そこからは何も生まれないと思うのです。そして、その問いかけの中から何かを見出した時、おそらく「学問」は「学術」へと発展するのでしょう。「学術」とは「学ぶ術(すべ)」と書きます。学ぶことは、必ずや形をもった「術」となり得ます。自分がそれを意識する、しないに関わらず、「学問」は自己発展の具体的な手段となるのです。

私は、開成ハイスクールの教壇に立ち、英語の教科指導をしながら、「学問」「学術」のもつ醍醐味、世の中の見方や生き方まですっかりと変えてしまう学問の魅力にとり憑かれた者として、実はそのことを、生徒諸君に最も伝えていきたいのです。もちろん、テストの点数や入試といった現実があります。それも現実です。そうした現実の中で、諸君の「学問」への道をいかに切り開いていくか、これが私にとって、取り組むべき大きな課題なのです。


コメントは受け付けていません。