大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2011 年 6 月 13 日 のアーカイブ

気にしすぎ

2011 年 6 月 13 日 月曜日

 最近の高校生を見ていて思うことは、携帯電話をすごく大切にしているな、ということです。こんなことを書くなんて、私も年をとったな~と思います。私が高校生のときは、携帯電話は世の中に存在はしていましたが、一般の人が持つものでありませんでした。ちょうど車に移動電話を設置できるようになった頃です。携帯電話が大きすぎて持ち運べない…、そんな時代があったなんて、皆さんには想像できないかもしれませんね。ましてや、携帯でメールをするなんてことは、夢のような話でした。
 今では、かなりの数の高校生が携帯電話を使ってメールをしています。メールが着たら、すぐに返事を送るのが礼儀ということで、携帯をよくチェックしています。高校生はいろいろなことが気になる時期で、私も当時は、携帯ではなく、「どうやったら女の子にもてるのか!」なんてことを気にしていました。
 題名に「気にしすぎ」と書きましたが、皆さん(現代の高校生)に限らず、私も含めた社会全体が、いろんなことを「気にしすぎ」なのかなと感じています。
 まぁ私も最近は頭皮の具合が気になり始め、話題のスカ○プDなどを試そうかなと思っているので、「気にしすぎ」な一人なのですが…。
 世間全体が「気にしすぎ」な昨今なので、人生の中でいろんなことが気になる世代の高校生は、私の高校時代よりもいろんなことが気になっていると思います。ならば一度、携帯電話など、気になるもの(放っておけないもの)をエイヤ~と投げ捨ててみたら、どうでしょう。
 私の高校時代の話ですが、テレビが壊れた際に、しばらくテレビを買いませんでした。その理由は、テレビがないほうが、自分の時間がたくさん取れるとことに家族全体が気づいたからです。テレビがなくても、まぁどうにかなるものです。テレビがないデメリットは確かにありますが、テレビがないメリットも非常に大きいものです。携帯電話も同じではないでしょうか。
 一度チャレンジしてみてください。
 私も頭皮を気にせず生活してみようと思います。

開成ハイスクール数学科 前田佳邦