大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2012 年 10 月 22 日 のアーカイブ

目を覚ます方法

2012 年 10 月 22 日 月曜日

 勉強にとっての大敵の一つに、睡魔があります。油断をしていると、あっという間に翌朝になってしまうので非常に厄介です。このこらえきれない眠気に打ち勝つために、様々な方法がありますが、今回はそのうちのいくつかを紹介してみたいと思います。

 「眠たいときは思い切って寝る。」これができれば誰も苦労はしません。「明日は絶対に落とせない数Bの試験があるから、この問題集をしっかり仕上げないといけない」というような状況に追い込まれたことは、誰しも経験していることでしょう。私は意外にも神経質な一面を持ち合わせていたため、次の日の試験の勉強を、必ず寝る前に終わらせないと不安に感じていました。ですから、翌朝早く起きて仕上げるという友人の話を聞くと、素直にすごいなあと感じたものです。しかし、人間にはいくつかのタイプがありますから、私はそれが不可能だとわかった以上は、何とか睡魔に打ち勝つ方法を模索するしかありませんでした。睡魔のレベルによっては合わせ技で攻めないと負けてしまうこともありましたが、いくつか挙げていきます(確固たる医学的根拠はありませんが)。

 まずは「冷たい空気に触れる。」夏場は無理ですが、冬場であれば外に数分いるだけで、かなりリフレッシュできます。もちろん、風邪をひかないように気をつけてください。
 そして「健康スリッパ(足裏に触れる面がイボイボになっているモノ)を履いてその辺を歩き回る。」足裏には様々なツボがあるようなので、そこに刺激を与える。
 さらに「大きな声を出してみる。」近所迷惑にならないような場所でないとできませんが、これも効果的でした。

 今考えると、かなり間抜けで荒っぽいことをやっていたなとも思いますが、その当時は真剣にやっていたことです。本当は、そこまで追い込まれる前に準備をしておけばよかったのでしょうが…。

 これを読んでいる皆さんも、何か自分なりの技をお持ちでしたら教えて下さい。それを私がどこかで話すことによって、救われる人がでてくるかもしれません。

開成ハイスクール英語科 濱田健太郎