大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2018 年 1 月 22 日 のアーカイブ

まだ1か月ある!

2018 年 1 月 22 日 月曜日

センター本試験から1週間が経ちました。センターリサーチ結果が判明し、国公立・私立大学の入試はこれから本格的にスタートします。受験生の皆さんにおかれましては、体調管理に留意いただき、万全の状態で試験に挑んでいただきたいと思います。

泣いても笑っても、あと1か月余りです。「もう1か月しかない」と思うのも、「まだ1か月ある!」と思うのも、皆さん次第です。しかし、どうせなら「まだ1か月ある!」と思ってこの時期を過ごして欲しいです。1か月もあれば、逆転は可能です。限られた時間ですが、有効に活用しましょう。

☆毎日同じことを続ける☆
・朝→過去問演習とその採点
・昼→解けなかった問題の類題演習とその単元の見直し
・夜→メモの確認と暗記物
上記3点をルーティーンに行っていけば大丈夫です。具体的には…

1.過去問演習とその採点
過去問は、自分が受験する大学だけでなく、その大学と同じくらいの偏差値の大学の過去問も解いてみて下さい。自分が受験する大学の過去問から、同じ問題が出題されることはほとんどありません。しかし、他の大学であれば、今年、あなたの大学で出題される可能性はあります。そうでなくても、実力を養う意味では良問となるでしょう。

2.解けなかった問題の類題演習とその単元の見直し
これは点数を上げるうえで最も大切なことになります。この時期は自力で解けるようにしなければなりません。必ず、解けなかった問題の類題演習をこなしましょう。また苦手な単元が出題されても、基本問題だけでも正解することが大切です。受験生の中には苦手な単元を捨てにかかっている人も少なくないですからね。

3.メモの確認と暗記物
1、2の中で重要なことをメモにとっておきます。夜はそのメモをチェックすることに時間を充てて下さい。気分転換に暗記物を覚えることに時間を利用しても構いません。

逆転には、「あきらめないこと」が大事です。最後まで頑張り続けて下さい!!

開成ハイスクール数学科 中嶋由博