大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


2013 年 1 月 21 日 のアーカイブ

人生のターニングポイント episode 2 AくんとBくんの場合

2013 年 1 月 21 日 月曜日

 みなさんこんにちは。
 前回は、私の人生の転換点について話しましたが、今回は、私の教え子の話をしたいと思います。

 Aくんは、私が高1から担当していた、トップ高に在籍する生徒でしたが、彼には唯一欠点があり、それはひたむきな努力がすこぶる苦手だったことです。得意科目の数学は、常に学年の上位10位以内に入っているにも関わらず、暗記が必要な英語や世界史、古典の成績は伸び悩んでいました。

 2年生の進路面談の際、彼が志望校を神戸大にしたいと言ったとき、私は正直、「ポテンシャルは十分にあるけれど、今のままでは到底神戸大には届かないな」と思いました。そしてそのことを、私は包み隠さずそのまま彼に述べました。これはある種の「賭け」でした。Aくんのプライドを傷つけ、今までの信頼関係も崩れてしまう恐れがあったからです。しかし、彼は真剣な表情で、「本気でやってみます」と言ってくれました。

 それからAくんの快進撃が始まりました。苦手科目の古文文法と古文単語、そして今までサボっていた英文法の総復習を、決して楽ではないペースでこなすよう彼に指示しましたが、彼は文句ひとつ言わず、1日たりともサボらずにやり遂げてくれました。指示した以上にやってきたこともあります。まさに、あの日からAくんは変わったように思います。そして見事、目標であった神戸大に、余裕の合格を果たしました。

 もう一人、Bくんの話をしたいと思います。
 Bくんとの出会いは、彼が中3のときでした。初めてBくんを担当したときの印象は、あまり良くはありませんでした。いつも宿題をして来ず、テキストすら持ってこないという状態だったからです。入試が近づくにつれ、態度は多少改まってきたのですが、内申点がよくなかったため、志望を下げて受験し、進学しました。

 中学生のときの状況を知っていた私は、高校生になってからの彼の授業態度を心配していました。ところが、開成ハイスクールで実施される「高1準備授業」に参加した彼は、私の知る彼の姿ではありませんでした。熱心に授業を聞き、宿題も確実にこなすようになっていました。わからないところを積極的に質問してくるまでに、彼は変わっていたのです。

 最初の中間テストで彼はいきなり学年6位となり、2学期中間テストが終わった現在も、トップ10位以内をキープし続けています。そしてBくんは今、大阪市立大を目指して、私の与える授業外の課題に、前向きに取り組んでいます。

 開成に通ってくれて、大きく変わっていく生徒たちを見ると、「本当に尊い仕事をさせてもらっているな。どれだけしんどいことがあっても、やっていてよかったな。」と、この仕事にやりがいを感じずにはいられません。

 どんな人間も、きっかけさえあれば変わることができます。「自分はダメな人間なんだ」などと、自信を失いそうになったときは、思っていることを何でも私たちに打ち明けて下さい。そんな会話のなかに、みなさんの人生のターニングポイントとなるようなきっかけが隠されているかもしれません。
 
 
開成ハイスクール英語科