大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


普段の姿勢

こんにちは。

みなさんは普段、授業や自学習での問題演習に、どういった態度・姿勢、どの程度の気力・集中力で取り組んでいますか。

みなさんが、その持つすべてを駆使し、最高のパフォーマンスで問題に対すべきは、もちろん「入試本番」ですね。しかし、それを可能にするのは本番での「意識」ではなく、つまり、当日の気合や意気込みなどといったもので、実力をすべて発揮できるものではありません。

入試当日のパフォーマンス、その度合いを決するのは、良くも悪くも、問題に対する「平素からの取り組み方」です。そう、毎日の姿勢が、当日にそのまま表れるのです。だからこそ、本番で、全てを出し尽くす最高のパフォーマンスを可能にするには、普段の演習において、それがいかなる時や場所であろうと、「常にすべてを出し尽くす構え」で臨まなければなりません。一方で、常々「ただ問題を解いているだけ」「何となく解いている」「与えられた課題だから解いている」―もちろんこれも、正解を得るために真剣に取り組んでいるに違いないのでしょうが、普段のこうした対し方が入試の本番で通用するはずもなく、また、「自分は本番だけは違う」など、望むべくもないでしょう。

目の前の問題に正答することへの強いこだわり―どんなレベルの問題であろうと、いつ何時であろうと―その集積こそが、入試当日の成果として表面化するのです。

 

開成ハイスクール 英語科


コメントは受け付けていません。